無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1
あなた

はぁはぁ💦

あなた

(やばい、遅れる…)

あれはうちが初めて大阪にお笑いを見に行った日
方向音痴のうちはめっちゃ道に迷ってしまって公演に間に合わないかと思ったけど
何とか目的地まであと少しのところに来た
あなた

良かったぁ、間に合うε-(´∀`*)

そう思い歩いていた時
ドンッ!
あなた

あぁっ…)

前からきた人にぶつかってしまった
あなた

すみません。

???
こちらこそすんません。
大丈夫ですか?
あなた

あ、はい。大丈夫です!!!
あなたの方こそ大丈夫ですか?

その人は帽子を深くまで被りマスクを付けていた
???
俺は全然大丈夫です!
ほんますんません、急いでて。じゃあ!
あなた

あ、、。

あなた

(変わった人だったなぁあんなに深くまで帽子被ってるとかもしかして有名人!?なんて無いよね笑笑)

そんな事を考えながら歩きだそうとした時
あなた

あれ、何これ?

何かが落ちてるのに気がついた
あなた

ん?もしかしてお財布!?
さっきぶつかっちゃった人のかな
どうしよう(>人<;)

申し訳なく思いながら誰のか探るために中を見た
すると免許証らしきものがあったので見ると…
あなた

か、わ、に、し、け、ん、し、ろ、う
川西賢志郎!?

あなた

(え、嘘でしょーー!!!)