無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第8話

6
その日の夜
ピンポーン

水田さんからLINEが来た
水田 信二
水田 信二
今日はありがとう!!!
最後バタバタしてもてごめんな
あなた

こんばんは
こちらこそありがとうございました🙏
全然大丈夫ですよ!!
あの後出番は間に合いましたか?

水田 信二
水田 信二
俺らの心配してくれるなんて優しいな(´ε` )
全然余裕やったよ!!
あなた

それは良かったです(´▽`) ホッ

水田 信二
水田 信二
またご飯誘ったりしてもいいですか?
あなた

もちろんです!

水田 信二
水田 信二
やったー٩(ˊᗜˋ*)و
その絵文字可愛すぎかよーーーー!(/ω\)
あなた

お誘い待ってます!
じゃあお仕事頑張って下さい!

水田 信二
水田 信二
待ってて!
ありがとう!
こんな会話ありなの!?
水田さんとLINEしてるなんて夢だよね?
今日は長い夢見てるなぁ笑
それから何もないまま2週間が経った
あなた

水田さんから連絡無いなぁ。
そりゃ忙しいしこんなうちのことなんか忘れてるよね。

そんなことを思っていたとき…
ピンポーン

LINEの通知音が
水田 信二
水田 信二
全然連絡出来へんくてごめんな
久しぶりやね!
俺から連絡なくて寂しかった??
あ、水田さんだ!!(///ω///)♡
あなた

お久しぶりです!!
少しだけ寂しかったです(._.)

あ、送ってしまった
キモいって思われたらどうしよ
水田 信二
水田 信二
可愛いこと言ってくれるやん
今度ご飯行かへん??
あなた

もちろんです!

お誘いきたーーー!!!