第193話

154話
3,528
2020/02/29 12:11



🐰「あなた………もう休めよ……」




『だめっ!!まだっ……まだ てひょんが……』




あなたは昨日からこんな調子なのだ。




幼なじみとしての俺も、一人の男として見て欲しい 俺 も、彼女が心配で仕方がないのだ。




昨日から彼女は一睡もしていなくて、そうなった発端は、俺たちが水族館から帰った後 てひょんが事故にあったことだった。






1歩間違えば、こいつは錯乱状態に陥るだろう。






休もう と促せば、こいつは 嫌だ と断る。






ここでこいつの頑固な性格が顔を出すと困ったもんだ。






🐰「でもお前一睡もしてないだろ。ほら、もうクマができてる。」



そう言っても



『こんな私よりも もっとしんどいのは てひょんのほうじゃない。そんなてひょんをほっといて寝ようなんて、全く思えないもの。』



という。



呆れたもんだ……笑




でも、そんな部分も含めてすべてを好きになってしまった男の定めだ。




俺は あなたの横に座った。




すると、あなたは少し目を見開く。




『な、なにしてるのよ。』




お、少しだけ、、



少しだけ俺の事を見てくれたかな……?



なんて少しの期待が僕を邪魔するけれど




🐰「お前が寝ないでここに居るんだったら俺もここでお前と一緒にてひょんを待つ!!」



🐰「………お前と俺は一心同体……だもんな?笑」




そう言って笑いかけると、あなたもふっと笑い




『んじゃあ、寝たら叩くからね!!笑』



なんていった。






next