プリ小説

第12話

松島聡 3 勘違い
みんな、楽屋に集まりました。
あなた

そー

松島聡
なに?
あなた

もしかしてさ…

松島聡
うん
あなた

もう、そこの水飲んだ?

松島聡
飲んだけど?
あなた

あのね…

菊池風磨
あなたー
あなた

あ、やっぱいいや!
ごめんね!

松島聡
なんだよ(ボソッ
聡said
なんか、体熱くなってきた。
熱かな。
あなたがやってきた。
あなた

そう?

あなた

顔赤いよ?大丈夫?

松島聡
ちょっ、きて
聡はあなたを連れてって隣の楽屋に行った。
ガチャ
あなた

聡、寝る?

ドンッ
聡は床ドンをした。
あなた

へ?

聡があなたの胸に手を当てようとした。
あなた

ダメっ////

松島聡
はぁ…
松島聡
風磨くんとしたから?
あなた

え?

あなた

ふうまと?

松島聡
さっきしてたじゃん、楽屋で。
あなた

いやいや、してないよ?

あなた

私は聡の彼女だし。

松島聡
嘘つけ。
あなた

本当だよ?

松島聡
ならいいじゃん
聡はあなたのスカートの中に手を入れて動かし始めた。
あなた

あっっん////

あなた

そうっ////

松島聡
声抑えないと隣に聞こえるよ?
あなた

らめっ!らめって////

松島聡
しっー
あなた

んっっ////

松島聡
イったねw
あなた

聡のいれてっ/////

聡は自分のものを出した。
あなた

はやくっっ////

松島聡
静かにしないとっ////
聡は自分のものをあなたに入れた。
松島聡
やばっ…
あなた

そぅ///

松島聡
そんな声出すなよっ////
あなた

あぁっっ////

あなたと聡は頂点に達した。
松島聡
あなた、もう1回/////
あなた

うんっ////

あなた

きてっ/////

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

やめました。
やめました。
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る