第22話

オフオフのピンチ
Princess
Princess
嫌っ、本当に辞めてください…!!
『なんでよー?流石にあなたチャン
手放すわけには行かないよぉ?』
くっそ。こいつ、、

今の状況⤵︎

ホテルに連れ去られる。

部屋入る。

やばい。 以上。




流石にやばーーーーーい!!
Princess
Princess
あの、、何するつもり…ですか??
『え、逆に何すると思う…??( -∀-)』
きっしょぉぉぉぉぉぉい!
Princess
Princess
ちょっ、警察呼びますよ?
『スマホここにあるけど…??笑』
なんであいつが持ってんのよぉぉぉ!!
そろそろキャラ崩壊よ。
『じゃっ、失礼〜』
Princess
Princess
は?
カチャ
『ちょろっ。笑
もっと危機感持った方がいいよぉ』
こいつ、、手足動かない…流石に…
Princess
Princess
あの、本当に辞めてください!!
『頂きます( -∀-)』
Princess
Princess
本当に辞めてください!!!!!
((⊂(。`・ω・´。)⊃))バーン
『!?』
平野紫耀
平野紫耀
おぉい!!!!お前!
ふざけんなよ。!!!!!
作者ありがとおおぉぉおおお!
Princess
Princess
助けてっ!
『は?なんでお前ここにいんだよ?!』
平野紫耀
平野紫耀
いいからお前こっち来い。
『は?なんで警察いるんだよ…』
Princess
Princess
……
平野紫耀
平野紫耀
あなた!!!!!ごめん!
来るのが遅かった…
Princess
Princess
ううん、
来てくれてありがとう‪( ;ᯅ; )‬
平野紫耀
平野紫耀
何もされてない??
Princess
Princess
うん、何とか…
平野紫耀
平野紫耀
ほんとにごめん…!!
Princess
Princess
紫耀なんでここが分かったの??
平野紫耀
平野紫耀
知り合いがあなたらしき人が
ホテルに無理やり連れていかれてたって
連絡来たんだよ…それで慌てて…
Princess
Princess
(´。•ω(。>ㅁ<。`)アリガトウッ!!!!!
平野紫耀
平野紫耀
ごめんな…
間に合ってよかった…
Princess
Princess
ありがとう…
いつも紫耀は駆けつけて助けてくれるんだ…