無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

177
2018/10/27

第3話

秘密を伝える
(銀時)とりあえず帰るぞ
(皆)ああ
松陽 お帰りなさいニコッ悪ガキさんたちニコッ
桂 …ごめんなさい…
(銀時)…お前知ってたのか?俺らが未来の俺たちって
松陽 当たり前でしょ?弟子は姿を変えても弟子は弟子ですニコッ 
(高杉)そうですか…
(銀時)……よしヅラ、高杉部屋行くぞ
(桂 高杉)おっおう
部屋に行き…
高杉 先生…俺らも未来はあんなに強くなれるのですか?
松陽 どうでしょう…これからたくさん稽古を頑張っていけば強くなれると思いますよニコッ
高杉 …!はい!
(銀時)マジかよ…じゃああんなに敬語使わなくて良かったじゃねえかよ…
(桂)しょうがないだろ。
松陽 入りますよ
(銀時)どうぞー
松陽 君たちこんなかおになったのですねニコッ
(高杉)何か悪いですか…
松陽 いいえ。悪くありませんよニコッ(三人の頭をなで)
(銀時)なっ…!離れろ
松陽 恥ずかしがるのは変わってませんねニコッ
主 坂本追加します! めちゃ下手です😭
外から大きな音がなり
銀時達 松陽!
松陽 今大きな音がしましたね…行ってみましょうか
(皆)ああ
銀時 誰だ…?
坂本 まーたしっぱいしてもうたのう…ってここはどこじゃ?
銀時 !誰だ!
坂本 こえはするが見えない…誰じゃー?
(銀時)なんでこいつもここにいんだよ…
坂本 この声は金時か!金時どこじゃ?
(銀時)金時じゃねえよ!銀時だ!いい加減名前覚えろ‼
坂本 おっ見えた見えた‼ところで金時達の近くにおる人たちは誰じゃ?
松陽 とりあえず皆さん中に入りましょうニコッ
中に入り…
坂本 ふぅ…とりあえず家が見つかってよかったのう…あやゆくしぬところじゃった
(桂)辰馬もタイムスリップしたわけか…
坂本 おっなんじゃそれならヅラ達もしたちゅーわけか?
(桂)ヅラじゃない桂だ!
松陽 とりあえず皆さん自己紹介をしましょうニコッわたしはここ松下村塾の吉田松陽ですニコッ
銀時 俺は…坂田銀時
高杉 俺は高杉晋介
桂 俺は桂小太郎
(銀時)もう俺らのぶんの名前言ってくれたが言わなきゃダメか?
松陽 一応お願いしますニコッ
(銀時)…俺は元白夜叉坂田銀時
(桂)おれは狂乱の貴公子桂小太郎
(高杉)俺は鬼兵隊総督高杉晋介
坂本 俺は…桂浜の坂本辰馬じゃ‼まあ皆からは桂浜じゃなくて声のでかいひと坂本辰馬といわれておるんじゃがな…
主 きりのわるいところでおわりすいません!続きすぐだします‼