無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

133
2018/10/28

第5話

お勉強の時間
朝になり…
坂本 (目覚め)金時はまだ寝ておるな…ヅラと高杉はどこじゃ?(立ち上がり部屋から出て) 
(桂)お前も早く起きたのか
坂本 おーヅラ!
(高杉)……うるさいからやめろ
坂本 二人ともつめたいのう…
松陽 おやおはようございますニコッ
坂本 おはようございます~!
(桂 高杉)おはようございます
松陽 銀時はまだ寝てるのですか?
坂本 そうなんじゃ‼少し揺さぶっても全然起きんくてのう…
松陽 まあまだ朝は早いですからまだ寝かせておきましょうニコッ
(桂)今日は何かあるんですか?
松陽 今日は勉強があるので皆さんも行きましょうねニコッあっちなみにきょうから貴方達は先生になるのでねニコッ
坂本 先生…楽しそうじゃ!
(桂)そうですか…
(銀時)おっ皆もう起きてたのか
松陽 銀時も起きたので先生の訓練を1つ。子供の銀時達を起こしに行ってくださいニコッ
坂本 分かったぞ!ヅラ、高杉、金時行くぞ‼
(桂達)おっおう
起こしに行き…
坂本 朝じゃぞ~
銀時 んぅ…
桂 (目覚め)おはようございます
坂本 ヅラは偉いのうニコッ(頭をなで)
桂 桂です!後やめてください 
坂本 あははは!やっぱりヅラはヅラじゃのう!
高杉 おはようございます
(高杉)おい…起きたぞ
(銀時)…よし(子供銀時をダッコして) 
松陽 おはようございますニコッ坂本さん晋介、銀時、小太郎ありがとうございましたニコッ
(皆)はい
勉強の時間…
子供 先生~ここの問題分かりません!
(高杉)んぁ?ここはな…ここの問題を壊せば解決だ
(銀時)ちょまてまてまて。高杉君ストップストップ!
勉強が終わり眠り…