無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
131
2018/10/29

第8話

待ってろよ。先生  続編
10年後…
(銀時)お前ら成長したなぁ~まあ俺らのアニメはサザエさん方式で成長するのはカットされたがな
坂本 金時、メタいぜよ
銀時 双子みたいだな…俺と銀時は
坂本 じゃあ…そろそろいくき?
(高杉)…ああ
敵 師か仲間かどちらか選べ
銀時 (刀を持ち松陽に近づき)
高杉 やめてくれ…!銀時…頼む…!
坂本 (銃をうち)
敵 誰だ…!
松陽 …⁉
坂本 わしか?わしは…坂本辰馬じゃきニコッ
(銀時)うぇーいどけろどけろ~!
敵 坂田銀時が二人だと…?それに高杉晋介、桂小太郎もだと…⁉
(銀時)そんなのかんけいねえよ (アイコンタクトで銀時に松陽を連れて逃げろと伝え)
銀時 松陽逃げるぞ
松陽 え、え?銀時達は?
桂 あっちはしてくれるそうです。早く!
松陽 あっはい
(銀時)攘夷志士の首取ってみやがれ!
戦い…
(銀時)おっいたか
高杉 大丈夫だったのか?
坂本 おう!
松陽 なんだかすいません…
坂本 なーに謝っとるき!困ったときはお互い様ぜよ!
松陽 そうですねニコッ
松下村塾に帰り…
皆 (松陽にもたれかかり眠ってしまい)
松陽 …わたしの子供たちありがとうございましたニコッ