無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

150
2018/10/27

第4話

弁当作り
松陽 よろしくおねがいしますねニコッとりあえず今日はもう寝ましょうニコッ
一日後の朝の4時…
(銀時 坂本 桂 高杉)(目覚め)
(銀時)めちゃ早いし…俺らはじいさんかよ…
(桂)今日って確か稽古がミニ銀時達にあったよな…どうだ?弁当でも作るか?
坂本 それは面白そうじゃのう!ヅラ!
(高杉)どっちでも良い…
(銀時)じゃあしますか
きっちんにいき
坂本 とりあえず…こしょうとしおふっときゃなんとかなるじゃろ
(桂)待て待て待て。もしかしてお前ら料理したことないのか?
三人 ああ
(桂)じゃあ作るぞ
(銀時)さとういれときゃ旨いだろ
(高杉)ヤクルコいれときゃうまいぞ
坂本 なわけないじゃろうが!
松陽 おや…(覗き)(頑張ってくださいね…)
稽古の時間…
四人 (見てて)
子供 銀時この人ら誰だ?
銀時 俺らの未来の人
(銀時)素直に言うのね
子供 ほんとかよ!じゃあじゃあ!勝負してくれよ!お前らで!
(銀時)何でだよ
松陽 まあいいじゃないですかニコッじゃあ…銀時、晋介と小太郎、辰馬さんでいきましょうニコッ
(銀時)うわいやな奴
(高杉)うるせえ 
松陽 引き分け‼
昼…
銀時 松陽~飯~
松陽 わたしは違いますよニコッ
(銀時)ほら 皆に渡し
銀時 うまっ…!
桂 すごいです!
高杉 美味しい…

長い一日が終わった…