プリ小説

第13話





あなたside




もうすぐでドライバーが迎えに来るみたいだ。
自分で行けるのにね。






それで、一応着替えてみた_








悪くは無いかな( ˙-˙ )


けど知らない男の為にここまで
短いスカートなんて履きたくないのが本音。



(🔔)ピンポーン

貴方
貴方
あ、来た


(🚪)ガチャ



そして、ロビーに降りていった_

(高層マンションに住んでる想定)







(🚗💨)止まっていた車に乗り込んだ


???
お嬢様。お久しぶりです。
貴方
貴方
あ。久しぶり!
???
大きくなられましたね。
貴方
貴方
そう?
???
はい。とても。
貴方
貴方
あ、そうだ!
私がこれから会う人の家柄知ってる?
???
はい...。たしか大手洋服ブランドの次男みたいでかなりイケメンらいしですよ。
貴方
貴方
へえ。次男。



長男に跡を継がせて私のところに必要のない次男は婿としてやるとから辺かな...


まあ肩書きと私の家の財産目当てでしょ_


???
お受けするんですか?
貴方
貴方
する訳ないじゃない。
貴方
貴方
会ったこともない人と急に結婚って
どうかしてるわ。


あ、口調が昔と同じで
「お嬢様」みたくなってきちゃった_


貴方
貴方
ごめん!口調が悪くなっちゃった!
???
いえ、昔のお嬢様と喋ってるみたいで
懐かしいです。
貴方
貴方
そうかな?


お嬢様口調から今の口調に
直すのは時間がかかった_



???
お嬢様、そろそろ着きます。
貴方
貴方
はあ、行きたくない。
???
そうですか。
頑張って下さい。




(🚗Stop⚠️)



???
行ってらっしゃいませ。
貴方
貴方
はーい。じゃあ帰りよろしく。








よし。頑張らなきゃ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

루 나 🌹
루 나 🌹
당신은 누구를 좋아해🙈💓💭 · 사랑해 부족해거야🙊
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る