無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第183話

最初の授業
濵田side
1時間目のチャイムが鳴って
立っていた生徒も自分の席に座り
先生を待っていた。

俺はと言うと…
金井
金井
………イジイジ
濵田崇裕
濵田崇裕
あの〜?あなたさん?
金井
金井
……ん?イジイジ
濵田崇裕
濵田崇裕
…俺の髪の毛で遊ばんといて?
金井
金井
……ん〜、イジイジ
濵田崇裕
濵田崇裕
いや、あの笑笑
ん〜、やなくて。
金井
金井
たかぁ。
濵田崇裕
濵田崇裕
ん〜?
金井
金井
ひーまー!
濵田崇裕
濵田崇裕
…先生来るから待っててよ。笑笑
あっ!ほら来たで?
金井
金井
わぁ、めっちゃべっぴんさんや!
濵田崇裕
濵田崇裕
アホ笑笑
まぁたしかに綺麗な人やけど。
1時間目はC英。
若い女の先生の授業。

教科書は先生がわざわざコピーしてくれて
俺らはそれをもらってノートはあなたの
ルーズリーフをもらって黒板に書かれた文字を
書いて行った。
金井
金井
………んっんん。
濵田崇裕
濵田崇裕
…!?
ってえぇー笑笑
あなたはたまに喘息の発作が出てしまう時が
あるから
ちょっとの音でも反応してしまう。

さっきも後ろから「んっんん」と
咳払いをしたような気がして慌ててうしろむいたら
思っきり寝ているあなたが居た。
俺の反応を見て周りの生徒も笑った。
濵田崇裕
濵田崇裕
あなた〜?起きや〜?
あと10分頑張って?
金井
金井
ん〜〜〜……。
濵田崇裕
濵田崇裕
10分頑張ったら
ジュース買ったるから。
何ジュースがええ?
金井
金井
…りんご。
女子生徒①「可愛い…っ。」
女子生徒②「破壊力やばいっ!!」
女子生徒③「ギャップやばい!!」
濵田崇裕
濵田崇裕
ん。りんごな…。
買ったるから起きててや?
起きてなかったら無しやで?
金井
金井
ん。起きる。
……寒っ。
濵田崇裕
濵田崇裕
寒い?着るか?
寝起きだからなのか寒いと言い出したあなたに
俺が着ていたカーディガンを貸した。
金井
金井
あーと。
頑張ろっ。
りんご…りんご…。
濵田崇裕
濵田崇裕
ふふっ。
前を向いてまた黒板の文字を書いていく。
久しぶりにシャーペンを持つから
違和感でしかない。


10分後…
キーーンコーーンカーーンコーーン

女子生徒①「起立!気をつけ、礼。」
JW
JW
あざっした。
無事にC英が終わった。
後ろを見るとニコニコの笑顔のあなたが
俺を見つめていた。
金井
金井
自販機行こ?
濵田崇裕
濵田崇裕
おん、行こか。
小瀧望
小瀧望
あなた〜!!!!
どこ行くん!!!!
金井
金井
自販機!!!
りんごジュース。
小瀧望
小瀧望
俺も行く!!!待ってて!!
金井
金井
ん。
…嫌な予感がするのは俺だけなんかな?


























その後嫌な予感が当たって
なんでか知らんけど望の分まで買わされた。
金井
金井
ふふっ。ありがとう。崇裕。
濵田崇裕
濵田崇裕
お、おう。
その笑顔見れたら
別にええかなぁ〜。なんて。
濵田崇裕
濵田崇裕
次の授業は起きててな?
金井
金井
…次なんやったっけ?
濵田崇裕
濵田崇裕
…保健。
金井
金井
うっす。