無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

知ってるからこそ②
中間side
中間淳太
中間淳太
おぉ、おかえり。
金井
金井
…ん。
今日は東京で雑誌の撮影。
あれからあなたの体調は良くなり
無事に退院出来た。

今日はあなたにとっては
退院して初めての仕事。

全員衣装に着替えて、後は撮影!
って時に
お世話になっている番組のスタッフさんが
たまたま同じスタジオに居て…。
あなたはそのスタッフさんに呼ばれた。


プロデューサーさん。


なんやろ?と思いながら
昨日メンバーが更新したぶ誌を見て
待っていると、ものの10分もせずに
帰ってきた。

でもちょっと元気がなさそう。

大丈夫か?
重岡大毅
重岡大毅
なんで呼ばれたん?
金井
金井
…この前の放送の時
テンションが低かったから、
明日の収録ではもうちょっとテンション
上げてって。
小瀧望
小瀧望
えっ?そんなに低かったっけ?
のんちゃんの言う通り
前回のあなたはいつも通り。
いや、むしろいつも以上にテンションが高かったはず。

あれのどこが低いんやろう。
なんか引っかかる。
金井
金井
…らしい。
まぁでも人によってテンションの
高い低いはちゃうからさ。
明日、頑張るわ。
撮影行こ〜
と背伸びしながら俺らに言うあなた。

近くの濵ちゃんの顔を見てみると
ちょっと深刻な顔をしている。
濵田崇裕
濵田崇裕
なぁ、淳太…。
中間淳太
中間淳太
ん?
濵田崇裕
濵田崇裕
俺、あなた嘘ついてるって思うんやけど
気のせいかな…。
中間淳太
中間淳太
俺もちょっと怪しいと思う。
とりあえず、明日見てみよう。
今は雑誌の撮影に集中しようや。
濵田崇裕
濵田崇裕
…せやな。
相棒だからよく見ている。
あなたの少しの変化もよく気がつく。

だからきっとあなたが嘘つく時の癖や
何もかも知っているからこそ
ああやって言える。

俺もあなたを気にしながら
今日の雑誌の撮影に集中して取り組んだ。