無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

フランスへ②
貴方side
それから長い旅が終わり、やっとフランスに
到着。

そういえば、写真送ってなって言ってたっけ?

時差分からんけど笑笑。
とりあえず送るか。笑笑
〜グループメール〜
金井
金井
写真を送信しました。
金井
金井
時差分からんから
深夜やったらごめんな?
返信要らんで〜!
しげ
しげ
うわぁー!すっげ!!
のんすけ
のんすけ
いいなぁ!いいなぁ!
俺も行きたかった〜!!!
金井
金井
日本今何時?
あっくん
あっくん
深夜2時笑笑
金井
金井
嘘!?
まじ!?ごめんごめん。
あっくん
あっくん
あなたらしいな笑笑
神ちゃん
神ちゃん
ええなぁ〜、フランス。
じゅんじゅん
じゅんじゅん
うるさい。
金井
金井
ごめんごめん笑
のんすけ
のんすけ
あなたにうるさいって言ったらあかん!!



今度からちゃんと時差調べよう。
日本に帰ったら淳太とかに怒られそうだな…笑。
車  プープー!

空港を出ようとしたら
おじいちゃんが迎えに来てくれた。
車に乗り、おじいちゃんの家へ。

車の中では、俺の仕事の話や
フランスでの話など沢山して、
あっという間におじいちゃんの家に着いた。

ドアを開けると、
おばあちゃん、お父さんの親戚が集まっていた。

お父さんの弟や妹家族には子供もいる。
その子供には良く懐かれる笑笑。
めちゃくちゃ可愛い。
膝の上に座ってきたり、抱っこを要求されたり…。
癒しです。
帰ってきてよかったな〜って思った。
そんな子供たちとも何枚か写真を撮る。

子供たちが寝たところで、
弟家族と妹家族、おばあちゃん、おじいちゃん
と俺で大きな机を囲みながら沢山話した。


数時間に渡り沢山話した俺らもいい時間になり
寝る支度へ。
俺はお父さんの弟と一緒に寝ることに。
弟さんは日本語も話せる。
妹さんは勉強中だとか…。
だから寝る前も弟さんと日本語で
俺の仕事のことやお父さんのこと、
弟さんの仕事や子供のことについて沢山話し、
寝た。