無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

楽屋入り〜中間淳太〜
中間side
俺は今日はいつもより早めに楽屋入り。
理由はマネージャーから早めに来てと
連絡があったから。
理由?理由は、あなたが1人で寂しくないようにだと…。
まぁ、あいつは俺よりデカい癖に
寂しがり屋だし、甘えん坊だし、怖がり。

でも、あなたの事だから、どうせ寝てるだろう。
🚪コンコン
中間淳太
中間淳太
入るで〜
まず目に入ったのは
無防備で堂々と寝ているあなた。
中間淳太
中間淳太
ホンマに、もう。
寝てる。可愛い。
俺は近くの椅子に自分の荷物を置いて、
俺の上着をあなたにかける。
風邪引かれたら、困るし、本人も辛いやろうから。
金井
金井
ん〜〜
淳太〜〜?
中間淳太
中間淳太
あー、ごめん。
起こした?
金井
金井
ん〜ん〜、大丈夫。
早いな。淳太も。
中間淳太
中間淳太
まぁな。
俺もたまには早く来よって思ってて。
金井
金井
そうなんや。
寝起きだからなのか
ふわふわなあなた。所々に寝癖もある。
中間淳太
中間淳太
まだ眠いやろ?
寝ててええで?
金井
金井
ん〜。
じゅんじゅん膝〜
中間淳太
中間淳太
はいはい。
おいで?
あなたが、じゅんじゅんって言う時は
大体甘えてる時。

あなたの立場上、ギリ兄組に入る。
その為、俺らといる時は甘えるし、
弟組がいる時はとことん甘やかす。
金井
金井
ふふっ
じゅんじゅん、じゅんじゅん。
中間淳太
中間淳太
なんやねん。
金井
金井
じゅんじゅん〜〜〜zzz
いや、なんやねん!ホンマに。
そんな俺の名前言いながら寝るか?笑
中間淳太
中間淳太
ふふっ
いい夢見てな?
背中と頭を優しく撫でれば
どこか嬉しそう微笑むあなたを見て
ちょっと幸せな気持ちになったり。
早く来て良かったなーって。
早く来た奴の特権やな。、



幸せそうに寝るあなたを写真に撮って
グループメールに送ってやった。