無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第124話

壁を越えた先の嬉しさ
濵田side

〜メール〜
金井
金井
朝早くからごめん。
金井
金井
今さっき検査しました。
金井
金井
女性恐怖症もう大丈夫らしいです。
傷口も喘息も治まったので
大事をとって明後日退院だそうです。
金井
金井
迎えお願いしてもいいですか?
金井
金井
スタンプを送信しました
9:00に携帯の振動で起きた俺は
ベットから手だけを出して手探りに携帯を探す。
携帯を手に取り液晶画面を見れば全部あなたからの連絡。
連絡を見れば大きな壁も俺らと一緒に乗り越えられ
明後日退院が出来るんやと。
今回は多めの入院やったため荷物も何かと多い。
hamaーhama
hamaーhama
かまへんよ。
ほな明後日車で向かうわ。
金井
金井
ありがとう、助かる。
hamaーhama
hamaーhama
後はなんか必要なもんとかあるか?
金井
金井
いや特にないよ。
早く崇裕たちと仕事したい。
めっちゃ嬉しいこと言ってくれるやん。笑笑
なんか素直になったなって…。
俺何思ってるんやろ笑笑
hamaーhama
hamaーhama
嬉しいこと言ってくれるやん笑笑
でも無理だけはあかんからなー?
金井
金井
はぁーい!笑笑
なぁ?望と連絡取れる?
hamaーhama
hamaーhama
なんで?なんかあったん?
金井
金井
あいつメール送ってんのに
返ってこうへんねん。
崇裕なんか知ってる?
最近仕事決まった?
hamaーhama
hamaーhama
ん〜、俺もあんまり知らんな…。
嘘、知ってます。笑笑
仕事じゃない。望はただ単に嫉妬。
ホンマに大きな犬やで?笑笑
ついこの間も「なぁなぁまだ!」って。
まぁ望は朝弱いから今もまだ寝てるんやろうな。
仕方ない、俺からも連絡入れるか。
金井
金井
今更やけどさ、ありがとうな。
hamaーhama
hamaーhama
何?どないしたん?
金井
金井
一緒に頑張ろって言ってくれてさ。
俺あの時いっぱいいっぱいで
焦ってたから。
一緒に乗り越えてくれてありがとう。
柄にもなく素直に「ありがとう」と言ってくるあなた。
俺は何もしてない。
全部全部頑張ったのはあなたなんやで?
俺らはただアシスタントみたいな感じやったから
俺らが逆にちゃんと支えられているかどうか
不安やった。
毎日のように誰かよ家に行って相談したっけな…。
hamaーhama
hamaーhama
俺らは何もやってへんよ。
逆に不安やってん。
ちゃんと支えられてた?
金井
金井
おん!ばっちり!
お陰様で元気になった。
ほんまにありがとう。
壁を越えた先に待っていた嬉しさ。
ありがとうと言ってくれた嬉しさ。

ちゃんと支えられていたんやって気が付いた。
よかった、と心から思えた。