無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

あの日の大晦日②
貴方side
2013年の大晦日。
もうその頃から俺は東京で一人暮らしを
していたので新年はと実家に帰りの正月は
のんびりしようと思っていた矢先に起きた、
信じたくない現実。

俺はそのことを知ったのは崇裕からのメールやった。

崇裕は簡単に俺に、
「俺らどうする?」とだけ送られてきた。
この時はまだ何が?って感じやったけど、
淳太からのメールを見たら、
あぁ終わったなって思った。




なんで、智洋、流星、崇裕が居ないんやろう。
さめて、俺以外のメンバーだけでも
デビューさせてあげてたい。
俺は多分、自分の体のこともあるから
きっとデビューは難しい。


崇裕に、諦めてる?って聞いたら、
諦めてる。って返ってきた。
もし、まだチャンスがあるなら、どうするって
聞いたら、もうないんちゃう?って。

俺は直ぐに事務所に電話した。
何回目かのコールでジャニーさんが出てくれた。
金井
金井
📞社長。俺です。金井あなたです。
お話があります。
社長📞「Youか。俺今忙しいから、明後日事務所に来なさい。俺からもYouに話がある。」
金井
金井
📞分かりました。では明後日。
俺は社長と明後日に会うことを約束した。
📺   「ええじゃないか〜〜!!」
テレビに映ったのは
苦楽を共にすごした仲間達。
望はまだ未成年やから応援席からの出演。

バレバレやで?お前ら笑えてへんで?
妹1  華
妹1 華
お兄!この人たちかっこええな!
同じ関西出身の人達とやって!!


お兄、なんで泣いてるん?
あぁ、俺泣いてるんや。
なんでこんなに泣いてんねやろう…。



妹たちはまだ幼かったから俺の仕事をイマイチ分かってない。
つまり、テレビに映っているあいつらは俺の仲間ってことも知らない。
金井
金井
何でやろうな〜。
久し振りの関西出身の歌手が出るから
嬉し泣きやで〜!
多分きっと俺もお前らみたいに笑えてへん。

周りのオカン、オトンもお兄もお姉も
心配してる目で俺を見てる。

そっか、妹以外は俺とアイツらのこと知ってるもんな。
俺の夢、知ってたもんな。
金井
金井
ちょっと部屋行ってくるわ〜
部屋に入れば入るほど
溢れる涙は止まることを知らない。

出したくないため息も
見たくもない皆と撮った写真も
目を背けたいけど、心のどこかで
確信もない「俺も」や「また」が増える
またあの時みたいに笑えるやろうか。
俺も皆と同じ夢を見たい。

やけど、そこに俺は居てええのだろうか。


崇裕に明後日事務所に行くって言うことを伝え
ベッドにダイブし、そのまま寝た。