無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

フランスへ①
貴方side
年末に帰ろうかと思ってたけど
ありがたい事に沢山仕事を頂いて…。
なかなかおじいちゃんに会えてなかったので
3日間のoffでフランスに帰ることに…。

空港は思ったよりも人が多かった。
俺が乗る乗車口付近に行くと…

ファンA
「えっ!!待って待って待って!!」
ファンB
「あなたくんじゃない!?」
ファンC
「やば、普通やば。」
ファンA
「声掛けてもいいかな?」
ファンB
「いいんじゃない?」
ファンC
「でも、プライベートだからそっとしていてあげれば?」
ファンA
「行ける行ける!大丈夫大丈夫。」

ファンの子がコソコソと。
まぁ割とデカい声で笑笑
聞こえてますよ。お姉さん方。

ファンA
「あの、あなたくんですよね??」
金井
金井
…はい。そうです。
あかん、嫌な予感。
ファンB
「私たちファンなんです!!握手してください!!」
金井
金井
あぁ、いいですよ。
平常心を保ってはいるが
なんかモヤモヤ…。
なんやろう。
ファンA
「ロケですか?offですか?どこに行くんですか??」
金井
金井
offです。
祖父に会いに行くんです。
ファンB
「そうなんですね〜。ってことはフランス!!
私たちもフランスに行くんです!」

ファンA
「よかったら、飛行機が来るまでお話しませんかー?」
いやいやいや!
なぜそうなる!?

まぁ確かに!まだ時間はあるけど!
困った、金井あなた。
いや、どうする?
どうすればええ!?
📱ブーブー
後ろポケットに入っていた携帯が震えだし
直ぐにポケットから出すと、
液晶画面には「崇裕」の文字。

ありがとう。崇裕。
お前はホンマに最高。
金井
金井
ごめんな。マネージャーからや。
ちょっと重要なことやから離れるな?
そう言って離れようと思うと
ファンA
「ここでいいじゃないですか!私たち待ってますので!」

ファンB
「うんうん!早く出てくださいよ!」

そういえば隣の子、さっきから喋ってないな…。

そして、腕を組まれ電話に出れない状況に…。

俺、あんまりベタベタされるの嫌やねんけど…。
あぁ、終わったなって思った瞬間…
濵田崇裕
濵田崇裕
なぁ、俺のメンバーに何してんの?
触らんといてくれる?
金井
金井
っ崇裕…。
重岡大毅
重岡大毅
その左の子、盗撮止めてくれへん?
ほんまに迷惑。
小瀧望
小瀧望
ええ加減にせえよ?
金井
金井
…皆。
なんで。
望は確かラジオと雑誌の撮影ちゃうんかったん?
崇裕もしげもどうしてここに…。
重岡大毅
重岡大毅
Twitter。
金井
金井
えっ?
重岡大毅
重岡大毅
Twitterで、あなたの目撃情報多発。
それで、ファンの子があなたが絡まれてる
って書いてて、たまたま近くに居たから
3人で来た。
濵ちゃんの電話に出ないって相当やから。
そう言って大毅は俺の前に携帯を見せてきた。

きっとマネージャーがスクショしたんやな。
金井
金井
そか。
濵田崇裕
濵田崇裕
ほんまに…。
もう…。
大丈夫か?何もされてへん?
金井
金井
おう…。
気が付けば、周りにいたファンの子が
居なくなっていた。
小瀧望
小瀧望
お土産高いの。
いつもやったら嫌や。って言うけど
今回は甘えさせるか。
金井
金井
ん。分かった。
重岡大毅
重岡大毅
じゃー、俺も!
小瀧だけ嫌や〜〜!
金井
金井
はいはい。
崇裕もちゃんと買ってくるから。
高いの。
濵田崇裕
濵田崇裕
俺はええよ。気持ちだけで。
ゆっくり休んでき?
おじいちゃんにもよろしくな?
あなたはどこまでいい人なんですか?
金井
金井
おん。楽しんでくるわ!
小瀧望
小瀧望
行ってらっしゃい!!
電話する!!メールするな!!
金井
金井
はいよ!
重岡大毅
重岡大毅
俺のゴキちゃんの服待ってるで〜!!
金井
金井
買わへんわ!!
ってか、ある訳ないやろ!
重岡大毅
重岡大毅
えぇーー!!
海外にならあると思ったのに!!
濵田崇裕
濵田崇裕
もう行くで〜。
金井
金井
じゃまた来週な!
重岡大毅
重岡大毅
うぃー!
濵田崇裕
濵田崇裕
おう!
小瀧望
小瀧望
写真送ってな〜!
メンバーに見送られ飛行機に入り自分の座席へ。
ここから長い度が始まる。
楽しみやな〜。