無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第134話

なんでなんやろう…。
神山side
神山智洋
神山智洋
俺らの大事なメンバーに
何してくれてるんですか?
村田桃乃という女優の噂は本当だった。
それを知ったのは今日、まさに今。

つまり、あなたは俺らに会うまでずっと
この人のああいった態度やらに付き合っていた。
あなたは優しいからやめてくださいとか
言わないから…言えないから
溜め込んで、溜め込んで
それがストレスになって細くなってしまったんやろう
穂乃ノ(ほのの)
穂乃ノ(ほのの)
私は、何もしてませんよぉー?
それよりぃー、あなたくん
返してよぉ!
濵田崇裕
濵田崇裕
返しませんよ?
俺らの大事なメンバー傷つけた奴に
そう簡単に渡しません。
今まで黙っていた濵ちゃんも俺の隣に来て
村田桃乃の視界からあなたが見えないように
2人で前に立った。

後ろではしげと淳太と照史があなたを
落ち着かせている。
穂乃ノ(ほのの)
穂乃ノ(ほのの)
あなたの意見は聞いてないのぉ!
あなたはダメでも、あなた君は
ダメって言ってない!
だからいいに決まってる!
とんだ勘違いにも程があるやろう…。
神山智洋
神山智洋
いい加減にしいや!
さっき聞いたやろ!!
あなたが助けてって心の底から
俺らに助けを求めたんや!
あなたの体も心も壊しやがって…!
ふざけんなや!!
穂乃ノ(ほのの)
穂乃ノ(ほのの)
なら、私が助ける!
神山智洋
神山智洋
はっ?
穂乃ノ(ほのの)
穂乃ノ(ほのの)
私があなたくんを助ける!
そう言って俺ら2人を押し倒して
またあなたの方に向かった。
穂乃ノ(ほのの)
穂乃ノ(ほのの)
あなたくん!
私が助けてあげるから!
ねっ!
そう言ってあなたに抱きつこうと
あなたに近付くが、ガタイのいい男3人の力には
到底叶うことはなかった。
穂乃ノ(ほのの)
穂乃ノ(ほのの)
ちょっと!どいてよ!
重岡大毅
重岡大毅
見てわからへん?
震えてんねん。恐怖で震えてんねん。
…初めてや。こんなあなた見るの。
正直今戸惑ってる。
どうやったらあなたを守れるんか。
しげは震えが止まらないあなたのことをずっと
優しく抱きしめていた。
視線はずっとあなたの方を向けたままだったが
突然鋭い目付きを村田桃乃に向けた。
穂乃ノ(ほのの)
穂乃ノ(ほのの)
…っ!!
重岡大毅
重岡大毅
でも、今分かったわ。
あなたを守れる方法。
はよ、出てってくれ…。
穂乃ノ(ほのの)
穂乃ノ(ほのの)
…いや!
重岡大毅
重岡大毅
はよ出で行け言うてんねん!
これ以上怒られたいんか!?
穂乃ノ(ほのの)
穂乃ノ(ほのの)
…っ!!
濵田崇裕
濵田崇裕
…村田桃乃さん。
本作品を持って、俺らに関わらんといて下さい。
穂乃ノ(ほのの)
穂乃ノ(ほのの)
!!
静かに確実にそう濵ちゃんは言った。
それだけ言い残して濵ちゃんは楽屋の扉を開けた。
濵田崇裕
濵田崇裕
…もう少しで他のメンバーも戻ってきます。
他のメンバーにこのこと見られていいんですか?
あなたにとっては悪いことだらけが今
起きています。
まぁ、今から逃げても俺らはちゃんと
今から来るメンバーにも伝えますが…。
今から来るメンバーはあなたのことが
大好きな奴らです。
あなたに何かあったらなんでもする奴らです。
それはここにいる誰もがそうです。
でも、あの二人はちょっと思いが強いっていうか…。
そんな2人が女優の村田桃乃さんによって
震えているあなたの姿を見たら
何をしだすか分かりません。
俺はその2人のメンバーとあなたを守るために
今すぐにここから出てもらいたい。
それにこれ以上、メンバーを怒らせたくもない。
だからもうお引き取り下さいと
再度開いている扉を指さし誘導した濵ちゃん。
重岡大毅
重岡大毅
…出てけや。
バツ悪そうな顔をしたまま静かにそっと
楽屋から出る村田桃乃。

濵ちゃんが扉を閉めようとしたその時やった。
穂乃ノ(ほのの)
穂乃ノ(ほのの)
…これで終わりって思ったら
大間違い!
何度でもあなたくんの前に現れる!
そう言って今度は村田桃乃自信で
パタンと大きな音を立てながら扉を閉めた。

静かな楽屋に聞こえてくるのは…
金井
金井
ハァハァハァ…ごめっハァハァハァ…。
重岡大毅
重岡大毅
あなた、今は何も喋らんでええから。
濵田崇裕
濵田崇裕
大丈夫やで。
もう居らんから。
過呼吸気味になっているあなたの「ごめん」と
それを励ましたり、落ち着かせたりしている
メンバーの声やった。
桐山照史
桐山照史
あなた〜?分かるか〜?
ちょっと俺と淳太くんと一緒に
息整えようか?
スーハー、スーハー、
金井
金井
ハァハァハァ…ハァハァハァ…ハァハァハァ
スー…ハー…ハァハァハァ…
あ…かん…。
中間淳太
中間淳太
焦らんでええよ。ゆっくりな?
俺は何が出来るんや?
あなたは今こんなに苦しんでいるのに
俺はどうやったらあなたの苦しみを
取り除いてあげられるん…?
重岡大毅
重岡大毅
…神ちゃん、ちょっとスタッフさんのとこ行こ。
時間ずらしてもらおう。
神山智洋
神山智洋
…せやな。
撮影時間はまだあるが
もし治まったとしても、心が不安定やろう。

あなたのことは兄組に任して
俺としげはスタッフさんに交渉しに行った。