無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

悲劇③
濵田side
今楽屋にあなたと居る。
楽屋に着くや否やあなたは難しい顔をしている。
濵田崇裕
濵田崇裕
どないしたん?
難しい顔して。
金井
金井
いや、おかしない?
濵田崇裕
濵田崇裕
何が?
金井
金井
何も起こってない。
だって後全員での撮影だけやで?
濵田崇裕
濵田崇裕
せやな…。
確かに違和感やな。
もしあなただけを狙うなら
ツーショットの時だろう。
しかし、ツーショットの時は何も起こってない。
むしろ、スムーズに行われた。
小瀧望
小瀧望
お待たせ。
衣装貰ってきた。
特に何もされてへんで。
金井
金井
ありがとう。
望が、淳太と一緒に俺らの衣装を持ってきた。
中間淳太
中間淳太
着替えるか。
濵田崇裕
濵田崇裕
せやな。
俺らが全員での撮影に着る衣装を着替える。
照史達のお陰であなたの衣装は
特に何もされてなかった。
金井
金井
俺ちょっとトイレ行ってくる。
あなたが着替え終わって
トイレに行くと。
濵田崇裕
濵田崇裕
俺も行く〜。
一応な?
2人で廊下を歩く。
するとあなたが
金井
金井
さっきの人達居らんよな…。
濵田崇裕
濵田崇裕
さっきの人?
金井
金井
廊下で怒ってた人と怒られてた人。
確かに。
スタジオにも居なかった。
どこにおるんやろう。

俺らもトイレに行き、帰ろうとした時だった。
スタッフA
「あなたさんって、ジャニーズWESTに必要なのかな笑笑」
スタッフB
「ねぇ〜!持病持ちって。メンバーに迷惑かかるって分かってんのかな?笑笑」
スタッフA
「ジャニーズWESTが売れないのってあなたさんが居るからじゃない?」
スタッフB
「言えてる〜!それな!」
スタッフA
「本当いらない!笑笑」
スタッフB
「あの衣装まじ笑えたんだけど笑笑」
スタッフA
「誰がやったんだろう。よくやったって感じ笑笑」
スタッフA・B
「笑笑」
金井
金井
……‪…っ
行こう。崇裕。
濵田崇裕
濵田崇裕
……っでも!
金井
金井
……言わせとけ。
俺は大丈夫やから。
行こう。
濵田崇裕
濵田崇裕
…おん。
あなたの大丈夫は信用出来ない。
だって今も苦しそうな顔してるもん。
傷付いたなら傷付いたって言えよ。

あのスタッフほんまになんやねん。

あなたと歩きだそうとした時、
重岡大毅
重岡大毅
お前らにあなたの何が分かんねん。
金井
金井
!?
大毅…?
しげもスタッフの話を聞いていたのだろうが…。
スタッフの方に近付き、話してた。

あなたがしげに気が付き
3人の方へと近付いて行く。
俺も、あなたの後を追いしげ達の方へと
向かった。
スタッフA
「なんの事ですか?」
重岡大毅
重岡大毅
とぼけんな。
あなたの悪口言ってたやろ?
スタッフB
「っ…。」
重岡大毅
重岡大毅
お前らにあなたの何が分かんねん。
持病持ちだから何やねん。
あなたが居るから売れてない?
ふざけんな。
あなたが居るから輝けんねん。
あなたはハンデがあってもそれを感じさせないダンスや歌で輝いてんねん!
お前らにあなたの悪口言われたない。
衣装のこと、1番気にしてんのあなたや!
あぁ見えて強がってるだけやから。
これ以上メンバー傷付けんな。
金井
金井
大毅。
もういいよ。
ありがとうな。
重岡大毅
重岡大毅
っあなた!
金井
金井
ほんまにええから。
スタッフA
「チッ」
スタッフB
「行こう。」
金井
金井
撮影は?
重岡大毅
重岡大毅
終わってん。
俺今から楽屋に戻ろうとして…。
金井
金井
なら、一緒に戻ろか。
崇裕〜。行くぞ〜。
濵田崇裕
濵田崇裕
…おう。
あのスタッフの1人、舌打ちしたよな?
あなたの何が嫌やねん。
重岡大毅
重岡大毅
小声)濵ちゃん、これ皆に行った方がええんちゃう?
濵田崇裕
濵田崇裕
小声)せやな。あなたに聞いておく。
重岡大毅
重岡大毅
小声)おん。
3人で楽屋に戻ると、
楽屋には3人以外のメンバーがもう既に
集まっていて、しげ以外の人たちは
もう次の衣装に着替えていた。
神山智洋
神山智洋
しげ〜。着替えて〜!
もう少しで始まるから。
重岡大毅
重岡大毅
…おう。今着替える。
中間淳太
中間淳太
大丈夫か?
なんか3人とも顔暗いで?
桐山照史
桐山照史
なんかあったん。
どう言えばええんやろう…。
あなたの方を見ればほんまに強がってる。
俺が何とかしなきゃ行けない。
でもこういう時ほんまにどうすればええか分からん。

すると俺の肩をポンポンとあなたが叩き、
濵田崇裕
濵田崇裕
あなた…?
金井
金井
いや〜、スタッフさんが俺の事言っててさ笑笑
重岡大毅
重岡大毅
あなた…。
金井
金井
俺が居るからジャニーズWEST売れへんってさ。
持病持ちが居るから輝けへんって。
小瀧望
小瀧望
は?
金井
金井
ごめんな。
桐山照史
桐山照史
なんであなたが謝んねん。
中間淳太
中間淳太
せやで。
あなたは何にも悪ないやん。
藤井流星
藤井流星
俺らが居りたいだけやし。
神山智洋
神山智洋
あなたが居るから
俺ら輝けんのに…。
桐山照史
桐山照史
ほんまに許さへん。
あなたが自分から言った。
でもな?あなた。
俺にはバレバレやで。
無理してるってこと。
強がってるってこと。
泣きたいこと。
濵田崇裕
濵田崇裕
あなた〜?
こっち来て。
金井
金井
?おん。
あなたは俺の前に来た。
俺はあなたを強く抱いた。
金井
金井
ちょっ、崇裕?
濵田崇裕
濵田崇裕
アホ。ほんまにアホ。
強がる癖、泣きたい癖
何もかも分かんねん。
俺が受け止めるから何もかも。
だから、溜め込まず俺に全部ぶつけろ。
金井
金井
…辛かった。
…なんで俺なんやろって。
…俺、なんかしたんかな?
確かに皆には迷惑かけてると思ってる。
だから、迷惑かけてるから
自分なりのパフォーマンスで頑張ってるはずなのに…。
あんなに直接言われて悔しかった。
辛かった。
ほんまに、持病が嫌や。
俺、俺どないしたらええん…。
俺が抱きしめると
俺の腰にあなたの腕もぎゅっと力が入り
弱音を吐いた。
濵田崇裕
濵田崇裕
迷惑ちゃう。
全然迷惑ちゃうから。
むしろな?あなたはもっと迷惑かけてええんよ?
あなたは足りないねん。
足りてへん。
もっとメンバーに頼れ。な?
金井
金井
…おう。
小瀧望
小瀧望
〜〜〜〜!!
あなた〜〜〜!!
金井
金井
うわっ。
望。
小瀧望
小瀧望
俺あなたが居なきゃ嫌や!!
俺甘えすぎ?
俺が甘えすぎやから、年下やから
あなた、頼ってくれへんの?
そうなん?
俺年下やけど、あなたにも頼って欲しいねん。
俺も男やで?あなた守りたいねん。
金井
金井
ははっ。
俺甘えたら多分めっちゃうざくなるで?笑笑
小瀧望
小瀧望
それでもええねん!
ってか、見てみたい。
桐山照史
桐山照史
あなたが甘えると可愛ええよ?
金井
金井
ちょっ!
照史!
小瀧望
小瀧望
えぇ!そうなん!!
なら、見たい!尚更見たい!
濵ちゃんそうなん?
可愛くなるん!?
濵田崇裕
濵田崇裕
ははっ。
せやで〜?可愛ええよ。あなたは。
金井
金井
〜〜〜!
崇裕のアホ!!
濵田崇裕
濵田崇裕
ごめんやん笑笑
スタッフ「失礼します。移動お願いします。」
JW
JW
はーい!
金井
金井
…崇裕。
濵田崇裕
濵田崇裕
はいはい?
金井
金井
…今日飯。
崇裕の奢り。
濵田崇裕
濵田崇裕
笑笑
はいはい。行こうな。
小瀧望
小瀧望
えっ!ずるい!俺も俺も!
金井
金井
淳太に連れてってもらったらええやん笑笑
小瀧望
小瀧望
それ…もええな!
淳太〜!
飯連れてって!!
中間淳太
中間淳太
なんでやねん!
わちゃわちゃしながら
またあのスタジオに向かった。
金井
金井
崇裕の隣で撮りたいな〜笑笑

やっぱこいつ
可愛ええなぁ笑笑