無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

んっ?①
金井side
午前8:00
今日は朝から夜までのお仕事。
メンバーに会う仕事や、個人でやらせて頂く仕事も。
朝はメンバーに合う仕事で雑誌の撮影。
午後はモデルのお仕事。
2つの仕事のスタジオは違うため、
メンバーとの仕事が終わったら俺だけ移動になる。
金井
金井
はぁ。眠。
顔洗って、朝食を食べて、歯を磨いて…
マネージャーから電話があり、
もう少しで着くということだったので
家を出て鍵を閉める。

程なくしてマネージャーの車が来たので乗り込む。
中には崇裕と淳太とあっくんが居た。
金井
金井
おはよぅ。
濵田崇裕
濵田崇裕
あなたおはよ。
金井
金井
えへへ。おはよぅ。
桐山照史
桐山照史
なんや?いい事あったん?
中間淳太
中間淳太
あれやろ?雑誌やろ?
金井
金井
よぉー分かったな!笑
濵田崇裕
濵田崇裕
恥ずいやん。笑
金井
金井
いや〜嬉しかったよ笑笑
BADが1番後ろに座っており
崇裕は真ん中の席で運転席の後ろの席に。
俺はその隣に座る。
金井
金井
たか〜、寝るから
着いたら起こして〜。
濵田崇裕
濵田崇裕
おん、分かった。
崇裕の肩……
ではなく、左腕に持たれて寝る。
桐山照史
桐山照史
寝ててもイケメンって罪やな。
中間淳太
中間淳太
なんかそんな話この前したな。笑
濵田崇裕
濵田崇裕
罪やな罪やな〜ってな笑笑












まぁ、寝ている俺はそんな話をしているなんて
知らなかったんやけどな…。