無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

an・anと皆と雑誌撮影①
マネージャー
「メンバー、乗るけど?」
金井side
今日は午前中にan・anの撮影と午後に皆と撮影。
で、今はan・anの撮影で楽屋に居るんやけど…。

なんか嫌な予感すんねんな…。
なんやろう。この胸騒ぎ。
金井
金井
はぁ。
当たって欲しくないこの胸騒ぎ。
俺はよくこの胸騒ぎが当たることが多々ある。
今回も当たって欲しくないんやけど…
神様は不公平でよく当たる。

だから、出したくも無いため息が何回も出る。

今すごい、メンバーに会いたいです。
🚪コンコン
スタッフ「金井さん、お待たせしました。スタンバイお願いします!」
金井
金井
はい。今行きます。
スタッフさんの後に続いて
撮影が行われる広い部屋に向かう。
スタッフ「金井さん入られます!」
金井
金井
お願いします!
今日のお題は
「セクシーな彼氏」

衣装も白のワイシャツにダボダボのズボン。
カメラマン
「じゃ、ワイシャツ脱いでもらってベットに行こう」
カメラマンの指示に従い
セクシーな彼氏を演じていく。
カメラマン
「うん。いいね。切ない表情も頂戴!」
表情もカメラマンの指示に従う。

何枚か撮ったあと
マネージャーとスタッフさんと含めて
写真を確認していく。

確認が出来たので…
スタッフ「以上です!ありがとうございました!」
金井
金井
ありがとうございました!
お疲れ様でした!
ありがとうございました!
カメラマンなどに頭を下げる。
マネージャーと楽屋に戻り
俺は衣装から私服に着替える。


これからメンバーと一緒に撮影だが
場所が違うため移動しなくてはならない。
皆と撮影現場に向かう為準備をする。

マネージャー「用意できた?」
金井
金井
おん。出来た。
この水貰ってええ?
俺まだ薬飲んでへんかったわ笑笑
マネージャー「うん。いいけど…ってかあんた薬飲まなかったら濵田に怒られるよ?」
金井
金井
うん。分かってる。
車の中で飲むわ。
金井
金井
誰?
マネージャー
「お前以外全員。」
金井
金井
まじ?
最初誰?
マネージャー
「小瀧から。」
金井
金井
ん。
マネージャーと共に車に向かい
メンバーの家に向かう。

俺は乗って直ぐに、発作止めの薬を全種類飲む。
ほんまに、にっっっがい笑笑
まだ錠剤だからまだしも、これが粉薬やったら
地獄だったと思う。
マネージャー
「もう少しで小瀧の家に着くから寄っといて。」
金井
金井
ん。
ってか、他のメンバーも来るんやろ?
なら、俺と望で後ろの席行こうか?
マネージャー
「あ、本当?助かる。」
マネージャーが望の家の前に車を停め、望を待つ。
小瀧望
小瀧望
おは…
って。あなた!?
金井
金井
おぉー、おはよう望!
小瀧望
小瀧望
えっ?an・anは?
金井
金井
終わってん笑笑
小瀧望
小瀧望
巻いた?
金井
金井
多少は笑笑
小瀧望
小瀧望
隣に座ってええ〜?
金井
金井
おうええよ。
後他のメンバーも乗るから
2人で1番後ろの席に行こか。
小瀧望
小瀧望
やった〜〜!!
あなたに甘えられる〜!!
金井
金井
はいはい。
真ん中の席を倒し2人で1番後ろの席に。
マネージャーが真ん中の席を元に戻し、
次のメンバーの家に向かう。
小瀧望
小瀧望
うわぁーーーい!!!
あなた〜〜〜〜!!!
金井
金井
はいはいはい。
何?
小瀧望
小瀧望
肩貸して!!
金井
金井
ん。
小瀧望
小瀧望
んふふ
金井
金井
そんなに嬉しいん?
小瀧望
小瀧望
おん!勿論!
最年少に甘えられている俺。
急に肩貸して〜って。
俺がええよって言ったら
んふふ。って。
次の家は照史かな?
桐山照史
桐山照史
おはよう〜!
金井
金井
おはよう照史。
小瀧望
小瀧望
おはよう。照史。
半分寝ながら照史におはようと言う望
桐山照史
桐山照史
半分寝てるやんけ笑笑
金井
金井
な笑笑
桐山照史
桐山照史
これ他の弟組見たらやばいやろうな笑笑
金井
金井
案外崇裕もやばいんちゃうん?
桐山照史
桐山照史
爆笑
ありえる!笑笑
金井
金井
えっ、なっ、えっ…
桐山照史
桐山照史
あかん爆笑!
似すぎててやばい笑笑!
金井
金井
笑笑
小瀧望
小瀧望
むぅー。
俺の肩で寝ている望。
むぅーと寝言。
いや、多分構って欲しくてわざと言ったのかも知れない。

俺は優しく望の頭を撫でてあげた。
そしたら嬉しそうに微笑んだ。
桐山照史
桐山照史
マネ〜?
次誰の家?
マネージャー
「流星」
金井
金井
やばいな笑笑
桐山照史
桐山照史
な。笑笑
俺もあって思った笑笑
流星はクールだけど実は甘えん坊。
望の次に甘えん坊ちゃうか?
これみたら望!おい!起きろ!って言いそう笑。
桐山照史
桐山照史
おはよう!流星!
藤井流星
藤井流星
おはよぅ。
眠…。
あっ、気付いてない。
眠って言いながら照史の隣に行き
流星も寝だした。
桐山照史
桐山照史
気付いてへんな。
金井
金井
な。笑
俺の次にでかい2人。
よく寝るんです。俺も人の事言えないけど。
そりゃおっきくなるわ笑笑。
そのまま俺らを乗せた車は
大毅、淳太、崇裕、智洋の順番に行き
撮影が行われる現場へと向かった。
皆乗るなに俺と望を見て
微笑んだり、嫉妬したり…。
智洋と淳太と大毅は写真撮ってた笑笑

望が寝ているからあまり車中はうるさくなかった。

現場に着くまで爆睡していた望。
金井
金井
望〜?
望、起きや〜?
着いたで〜?
小瀧望
小瀧望
むぅー。
長い長いまつ毛がゆっくり開いて
ん〜と伸びをする望
小瀧望
小瀧望
よく寝た〜!
スッキリした!!
金井
金井
それはそれは。
あ〜、楽屋に着いたら多分大毅うざいと思うけど、覚悟しときや?
小瀧望
小瀧望
えっ?何?何?怖いねんけど。
金井
金井
行けば分かる笑笑
望が寝てたからうるさくなかったけど
多分、楽屋に着いたら一気にうるさくなるで?笑笑
小瀧望
小瀧望
嘘やん。
荷物もって皆がいる楽屋に向かう。
エレベーターに乗って3階へ。
小瀧望
小瀧望
なぁなぁ!
さっきのしげの話ほんまに何!?
金井
金井
だから、行けばわかるから!
小瀧望
小瀧望
今教えて!
ほんまに!ねぇ!あなた!
金井
金井
もう〜。
行けば分かるって。
いつものしげや。笑笑
小瀧望
小瀧望
なんか嫌な気するんやけど気のせい??
金井
金井
さぁ…?
2人でガヤガヤ。
8人1緒じゃなくてもガヤガヤ笑笑。

楽屋のドアを開けると
重岡大毅
重岡大毅
いぇーーーーーーい!!!
俺俺俺!!!
あなた!俺俺俺!!!
金井
金井
はいはいはい。
ちょっと待ち?笑
小瀧望
小瀧望
えっ、なにこれ。
金井
金井
皆望に嫉妬してんねん。
小瀧望
小瀧望
えっ?
濵田崇裕
濵田崇裕
何あなたの肩借りて寝てんねん!!
金井
金井
まぁまぁ崇裕。
濵田崇裕
濵田崇裕
プンプン
桐山照史
桐山照史
あなたの言う通り、
濵ちゃんが1番やばかった笑笑
金井
金井
そうなんや笑笑
重岡大毅
重岡大毅
あなた、あなた、あなた、あなた〜!!!
あなた〜!
金井
金井
はいはいはい。
なんやねん。ほんまに笑笑
神山智洋
神山智洋
なぁなぁあなた〜?
金井
金井
んっ?
神山智洋
神山智洋
この服どう?
俺、ちょっと気になってんねん。
金井
金井
智洋っぽいな。
ええんちゃう?
今度一緒に見に行くか?
神山智洋
神山智洋
ほんまに!!
ええの!!
金井
金井
おん。
その後、智洋のオススメの美味しい所
行こうや笑笑
俺も癒しが欲しいねん。
濵田崇裕
濵田崇裕
癒しなら、俺でええん!
あなた!!
金井
金井
崇裕は存在だけで癒しやから
自信持ち〜?
濵田崇裕
濵田崇裕
おん!おん!
自信持つ!!
中間淳太
中間淳太
単純やな〜笑笑
藤井流星
藤井流星
今日のペア誰やろうな〜。
重岡大毅
重岡大毅
俺はあなたと!
小瀧望
小瀧望
ずるい!
俺があなたとやから!!
藤井流星
藤井流星
案外俺かも知れへんで?
金井
金井
誰でもええや〜笑笑
スタッフ
「金井さん、濵田さん、重岡さん
先にメイクお願いします。」
濵田崇裕
濵田崇裕
今行きます!
あなた行こ〜!
金井
金井
おん!今行く。
重岡大毅
重岡大毅
いってきまーーーーす!!!
淳太♡
中間淳太
中間淳太
気色悪いわ!
はよ行ってこい!!
重岡大毅
重岡大毅
はーーーーい!
あなた!
金井
金井
うわっ!
乗んなや笑笑
濵田崇裕
濵田崇裕
あなた細いんやから、
急に来られたら転ぶやろ。
重岡大毅
重岡大毅
でも、ちゃんと受け止めてくれるんよ。
大したもんやで!あなたは。笑笑
金井
金井
大毅は誰目線で言ってんねん。
濵田崇裕
濵田崇裕
な。笑笑