無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

フランスへ③
貴方side
朝。
3日間のoffでフランスに帰ってきた俺なのですが…。
日本とフランスの間がとてもとても離れてて…。
飛行機で1日かかるので今日でフランスを離れます。
寂しい!!寂しいよ!!

朝ごはん食べたら、帰る準備とか!!
悲しすぎるよ!!
どうして日本とフランスこんなに離れてるの!?

俺が帰ることを知らない、
弟家族と妹家族の子供たちは抱っこを要求したり、遊びを要求。
俺もね?子供好きだから、構ってあげたいけど…ちょっと時間がやばい。

俺は今日ここを出ることを子供たちに分かりやすく伝えると…
あぁ〜、泣いちゃった。
ごめんよ。俺も泣かしたくなかったよ。
俺に気がついたのか、妹さんが行っていいわよと言ってくれたので俺は帰る支度をした。
帰る準備が終わり、おじいちゃんの家を出る。
皆のお土産や、なにわぶ誌用の写真も撮りたかったため、予定より早めに出る。

家を出る時、おばあちゃんと熱いハグ。
弟家族と妹家族とはまた会うことを約束し
連絡交換と握手。

子供たちにはサインを笑笑
めっちゃ喜んでた。
ありがとう。これからも頑張れるわ〜笑笑。

おじいちゃんの運転で空港まで。
空港に着いたらおばあちゃん同様ハグ。
また会おうと約束し、おじいちゃんの車が
見えなくなるまで見送り、皆のお土産と
なにわぶ誌用の写真も撮って
飛行機に乗った。