無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

悲劇②
桐山side
俺、神ちゃん、流星はあなたの衣装を確認中。
衣装室の前に俺が立って、部屋の中に神ちゃんと流星が。
今の所は何も起こっていない。

先程、望からも撮影は特に何も起こっていない
とメールが来た。
次の撮影は、神ちゃんと俺らしい。
桐山照史
桐山照史
神ちゃん〜!
次俺らやって。
神山智洋
神山智洋
おん。
衣装はどうするん?
桐山照史
桐山照史
望と淳太くんがこっち来るって。
後、流星も一緒に行こう。
しげも待ってるし。
藤井流星
藤井流星
おん。わかった。
俺らの後に望と淳太くんが衣装を担当。
あなたは濵ちゃんと一緒だとか。
中間淳太
中間淳太
おぉー、照史。
そっちは大丈夫か?
桐山照史
桐山照史
淳太くん!
うん。今のところは何も起こってない。
中間淳太
中間淳太
そか。よかった。
神山智洋
神山智洋
あなたは?
中間淳太
中間淳太
濵ちゃんと居るよ。
のんちゃんと、濵ちゃんと一緒に
もう着替えさそうって話になってさ。
藤井流星
藤井流星
そっちの方が確かにええな。
小瀧望
小瀧望
うっす!
あなたの衣装と俺の衣装と濵ちゃんの衣装
貰いにきた!
神山智洋
神山智洋
はいはーい!
これ!
小瀧望
小瀧望
ありがとう。
望があなた達の衣装を貰いに来て
そのまま淳太くんと一緒に楽屋に帰って行った。