無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第176話

新しい仕事
金井side
あの一件から数週間経った頃
俺の腕も頭も綺麗に治って復帰後初めての
メンバーでの仕事。

崇裕以外のメンバーは俺が今日からって言うのを
知らない。
崇裕は何故か分からないがバレてもうた笑


退院手続きも終わり荷物整理も終わって
マネージャーが来るのを待っていた時
コンコンとドアがノックされて
はーい!と返事すると入ってきたのは
濵田崇裕
濵田崇裕
うぃ。
行こか。
金井
金井
えっ?なんでおるん?笑
濵田崇裕
濵田崇裕
居たらあかんの〜?笑
折角なんやし一緒に行こうや。
…シャワー浴びるか?
俺ん家寄る?
金井
金井
…いや、ええよ笑笑
ありがとう、行こか。
崇裕が荷物を持ってくれて
2人で長い廊下を歩き久しぶりの崇裕の車に乗った。
金井
金井
久しぶりやなぁ〜。
崇裕の車…。
濵田崇裕
濵田崇裕
せやな…。
そっから話も盛り上がって仕事現場に向かった。

楽屋には俺らしか居らずまったりとした時間が流れた


それから程なくして廊下が騒がしくなった。
足音的に…
金井
金井
照史と淳太やな。
濵田崇裕
濵田崇裕
驚かしたら?
金井
金井
どこに隠れよ笑
濵田崇裕
濵田崇裕
ここええんちゃう?笑
崇裕が指したのは
いつも俺らが荷物をしまう大きな棚。
人も入れるほどの余裕もあり
よく大毅が淳太を驚かすためにもやっている。
金井
金井
ええかもな笑
濵田崇裕
濵田崇裕
早くせなっ!
来てまうで!!
崇裕の協力の元俺は棚に入って
スタンバイOK。

すると丁度、楽屋の扉が開いて
照史と淳太が入ってきた。
中間淳太
中間淳太
はやいな、濵ちゃん。
桐山照史
桐山照史
な。いつももうちょっと遅いで?
濵田崇裕
濵田崇裕
いや、そういう照史もいつも
遅いやん笑笑
桐山照史
桐山照史
なんかな〜、はよ起きてしまってん笑
中間淳太
中間淳太
そんなことより、
あなたは大丈夫なんかなー。
桐山照史
桐山照史
もうちょっとで復帰出来るらしいで!
さっきマネージャーが言ってたわ!
早く仕事したいなぁ〜笑
ルンルン気分でここに俺がいるのを知らない2人は
俺の話をその後も続けた。
濵田崇裕
濵田崇裕
荷物片したら〜?
いつまでリュック背負ってんねん笑笑
桐山照史
桐山照史
ほんまやな〜笑笑
淳太くん!荷物貸して〜。
いつものところでええよな〜?
中間淳太
中間淳太
おん、ありがとう。
俺がいる扉の前に照史が立った。
そして、照史が俺が入っている棚の扉に手をかけ
開けたその瞬間
金井
金井
いぇーーーーーーーーい!!!
金井あなた!今日復活です!!!!
いぇーーーーーーーーーい!!!
桐山照史
桐山照史
!?!?!?
びっくりしたわ!!!!!
中間淳太
中間淳太
!?!?!?!?
うわーーーーー!!!
濵田崇裕
濵田崇裕
爆笑
淳太、やばいやろ笑
中間淳太
中間淳太
そんなん、当たり前やん!!
なんでおるん!?
病院は!?
金井
金井
やーかーらー!!
今日から復帰!!
退院したの!!!
崇裕が迎えに来てくれたの!!
桐山照史
桐山照史
なんや笑笑
そうやったんや。
言ってくれたら俺も行くのに。
金井
金井
サプライズしたかったの!
桐山照史
桐山照史
はいはい。笑笑笑
おめでとう。
金井
金井
ん、おおきに。
中間淳太
中間淳太
テンションおかしいやろ笑
桐山照史
桐山照史
ってことはまだ
弟組全員知らんよな?
金井
金井
おん、知らんで。
中間淳太
中間淳太
またやるん?
今みたいに。
金井
金井
…いや、もうせえへん。笑
どちらかと言えば淳太だけ
したかったから。笑笑
中間淳太
中間淳太
ほんまなんやねん笑
桐山照史
桐山照史
弟組は普通に?
金井
金井
おん。
おはようーって
どれくらい驚くか気になる。
そんな話をしているとまた足音が聞こえた。
濵田崇裕
濵田崇裕
しげちゃう?
金井
金井
せやな。
この時間帯は大毅やな。
崇裕の隣に座って
普通に喋っているとガチャとドアが開き大毅が
入ってきた。
重岡大毅
重岡大毅
おっは妖怪人間淳太!!
中間淳太
中間淳太
なんやねん!!
挨拶くらいはちゃんとして!
重岡大毅
重岡大毅
はーーーーい!
おはよう!淳太くん♡
中間淳太
中間淳太
うるさいわ笑笑
重岡大毅
重岡大毅
アーヒャヒャヒャ
おはよう!照史!濵ちゃん!あなた!
…んっ?あなた!?
ここで気がつく大毅。
驚き方も独特で俺らは爆笑やった。
金井
金井
笑笑笑
なんやねん、そのリアクション笑笑
濵田崇裕
濵田崇裕
そんな2度見見たことないで笑笑
桐山照史
桐山照史
100点満点や!!
笑笑笑笑
重岡大毅
重岡大毅
ちょっ!えっ!?
いや…!?はぁ!?
なんで、居るん?
みんな知ってたん?
金井
金井
知ってたのは崇裕だけやで。
他も今日大毅と一緒で初めて知るよ。
遅れたけど、今日から復帰やねん。笑
重岡大毅
重岡大毅
なぁっ…もう〜!!!
そう言っていきなり俺にイタズラしだした大毅。
金井
金井
なんやねん笑笑
鬱陶しいから、淳太のとこ行ってや。
重岡大毅
重岡大毅
いーやーやーーー!!
俺が俺が…
俺が迎えに行きたかったのにーー!
誰や!!誰があなたを迎えに…!?
金井
金井
隣の濵田崇裕という男です。
重岡大毅
重岡大毅
おーのーれー!!
濵田〜!!!!
覚悟しろよ!?おりゃーーー!
濵田崇裕
濵田崇裕
痛っ!!
思っきり崇裕の上に乗って暴れる大毅。
さらに大毅はズボンのポケットから
前、崇裕から貰ったお土産の剣を抜いて
崇裕に何回も刺したりしていた。

…パパジャニのおままごとよりカオスやで?
重岡大毅
重岡大毅
参ったか!?
これからは俺があなたを迎えに行く!
濵田崇裕
濵田崇裕
ま、参りました〜!
重岡大毅
重岡大毅
はーーーっハッハッハ
中間淳太
中間淳太
…んやねんこれ。
史上最大のカオス劇場は
一旦納まったものの大毅は足りなかったのか
直ぐに崇裕から標的を変えて淳太に移り変わった。

…淳太、お疲れ様です。


まだ来てない3人を待っている間
今日の仕事内容を崇裕と一緒に確認していた。

するとまたガチャとドアが開き
次ぐに入ってきたのは智洋やった。
神山智洋
神山智洋
おはよう!
中間淳太
中間淳太
おはよう、神ちゃん。
…ちょ、しげ!ほんまええ加減にして。
重岡大毅
重岡大毅
いーーやーーー!!
おはよう!神ちゃん!!
神山智洋
神山智洋
おはよう笑
照史もおはようさん。
濵ちゃんも。…!?あなた!!
俺を見つけるな否や横からギュッと抱きついてきた
智洋。
中々こんな智洋もないなって思いながら
俺もちゃんと受け止めて頭を撫でていた。
金井
金井
ごめんな〜?
心配かけて。
もう大丈夫やから。なー?
智洋は横から正面に移動して頭を俺の胸に
グリグリと押し付けて
神山智洋
神山智洋
ん〜〜〜、あなたの匂い。
とニコって笑ってまた俺の胸に頭を置いた。
金井
金井
ふは笑笑
くすぐったいなぁ。笑笑
神山智洋
神山智洋
いや?
金井
金井
ええよ。
あのうるさい2人も居らんからな〜。
今は智洋だけやで。
しばらく抱きついたままの智洋をそのままにして
崇裕と続きの確認をしていた。
神山智洋
神山智洋
ん〜〜〜。
…あ、俺もやろ笑
一旦離れた智洋はカバンから同じ資料を取り出して
3人で仲良く確認をしていた。

…その時
金井
金井
ぐふっ…!
背中に重たい感覚があり
頑張って誰が背中に乗ったか確認しようとしたら
直ぐに誰かが分かった。
小瀧望
小瀧望
〜〜〜〜〜〜あなた!!!
金井
金井
はいはい。居るよ。
…ちょっと重いから一旦退いて?
小瀧望
小瀧望
いやや〜〜〜〜!
あなた〜〜〜!
金井
金井
もぉ〜。
今3人で仲良く打ち合わせしてんの。
…望もやる?
小瀧望
小瀧望
!?
おん!やる!やる!!
俺、あなたの隣!!
濵ちゃん、空けて!!
濵田崇裕
濵田崇裕
はいはい笑笑
小瀧望
小瀧望
あなた〜〜〜!
えへへ笑。
金井
金井
笑 なんやねん笑笑
崇裕が望が入れるくらいのスペースを空けて
そこに望が入ると直ぐに
横から抱きついたり、俺の頬を叩いたり
ビョーンと伸ばしたり色々と遊んでる。
金井
金井
…打ち合わせ、せえへんの?
小瀧望
小瀧望
する!!ちょっと待って。
よいしょ…。
黒のカッコいいリュックから
透明なファイルを出してそこから今日の資料を手に取り
俺らと一緒に打ち合わせを始めた望。

さっきまでの甘えん坊とは逆に
資料を持った望はキリッと真剣な表情に変わり
仕事顔に変わった。






金井
金井
…ぐらいでええかな?
あの後から小一時間程度
皆の心配な点や改善点などこと細かく聞いて
全員が大丈夫と声を揃えた時
藤井流星
藤井流星
ん〜、、、あなた。
金井
金井
お〜、流星。
…ちゃうちゃう。寝るな寝るな笑笑
硬い和式に寝っ転がりながら打ち合わせをしていた
せいで俺は立ち上がって伸びをしていた時
いかにも寝起きな流星が俺を抱きしめてそのまま
立って寝てしまった。笑
神山智洋
神山智洋
もぉー!流星!
起きて、ほらメイクやで?
のんちゃんと行ってき?
藤井流星
藤井流星
ん〜、、、。
ん。
一旦流星は俺から離れ眠い頭で考えたが
俺と目が合った瞬間俺の方に逆戻りして
また立ったまま寝た。
金井
金井
流星〜?起きて?
俺も腰痛いから笑笑
藤井流星
藤井流星
…じぃちゃん。
金井
金井
起きてんのかい笑笑
ってか、まだじいちゃんやないわ笑
藤井流星
藤井流星
ふわぁー…。
ん、行こ。望。
小瀧望
小瀧望
えっ?お、おん。
ちょ、ちょっと待って!!
欠伸をした流星はそのまま望を誘って
メイクに行った。
…望を置いていって笑笑
慌てて望を追いかけたが間に合ったのだろうか笑
濵田崇裕
濵田崇裕
流星、さっきまで寝てたよな?
金井
金井
おん、寝てたで。
立ったままやけど。
濵田崇裕
濵田崇裕
やんな?
あんなスピード見たことないで?
寝起きで笑
神山智洋
神山智洋
ほんまな。
流星は何年経っても分からんわ笑











あの後無事にツインも帰ってきて
淳太と照史、智洋と大毅、俺と崇裕が
メイクに行って 衣装に着替えて
久しぶりの雑誌の撮影に。

セットも衣装も豪華で
最後には復活おめでとうと可愛らしいケーキも。

オフショットにケーキを囲んだ俺らと
俺とみんなのツーショット写真が使われた。





























楽屋に戻ってメイクを落としたり着替えていると
マネージャーが中に入ってきた。
マネージャー
「新しい仕事2つ。メンバー全員の。
MUSICDAYとバラエティ。やるよね?ね?」
半強引なマネージャーやけど
久しぶりの仕事やし、MUSICDAYに
今年も出れると考えるだけで嬉しかった。

周りのメンバーも見てみるも優しく笑って
頷いていた。
小瀧望
小瀧望
シャッフルメドレー、
俺誰とやろ〜
大ちゃんとならないかな〜。
あっ、でも山田くんもええなぁ。
藤井流星
藤井流星
相葉くん、なんないかな…。
重岡大毅
重岡大毅
上田くんとかかなぁ…。
うわー、怖そっ。
まだ決まってもないのに
シャッフルメドレーのことしか頭にないメンバー。
まぁたしかに、あれ結構俺も好きなんよな…。







今年は誰となんの曲をやるんやろうと
こっそり俺も楽しみにしていたのは
ここだけの秘密。