無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第189話

間違っちゃいない。
重岡side
金井
金井
大毅〜!
遠くからあなたが俺の名前を呼んだ。
振り向いたら割と近くにあなたが居て
ちょっとびっくりしたけどあなたは
俺に耳打ちしてきた。
金井
金井
間違っちゃいない。
やりたいです。
重岡大毅
重岡大毅
ふは。ええなぁ。
やってみようや。
俺らはピアノのところに行って
俺はピアノに座る。

あなたはちょっと離れたところで立って
鼻歌を歌った。
その鼻歌を聞いた小瀧と神ちゃんと流星が
席をってあなたの隣に立った。

濵ちゃん、照史、淳太達はトレイに行って戻って
来たばかりやったけど俺らを見て直ぐに
あなた達の方に向かって一緒に立った。
重岡大毅
重岡大毅
うしっ…。
行きます!!
小瀧望
小瀧望
いぇーーーーい!!
神山智洋
神山智洋
ふぅー!!
あなたと小瀧が肩を組んで
神ちゃんと流星が肩を組む。

立ち位置を少し崩して俺の左側に兄組
俺の右側にあなたを含めた弟組が立った。

あなたと目を合わせピアノに指を乗せ
綺麗な音を奏でた。
小瀧望
小瀧望
🎶涙一粒 星降る夜に
濵田崇裕
濵田崇裕
🎶光れない 馴染めない
なぜ同じ様に生きれないの
中間淳太
中間淳太
🎶予定詰まったカバン捨てて
帰ろうかな
藤井流星
藤井流星
🎶眩しい近所の夜空
重岡大毅
重岡大毅
🎶間違い探しの世界で
神山智洋
神山智洋
🎶赤ペン持つのかい
桐山照史
桐山照史
🎶インクが足らないね
金井
金井
🎶間違っちゃいないよな
JW
JW
🎶君と出会ったことも
夢を信じることも
答えに牙むいてさ
濵田崇裕
濵田崇裕
🎶何度も何度でも
JW
JW
🎶さよなら上の空
僕は僕で僕なんだ
小瀧望
小瀧望
🎶間違っちゃいない
JW
JW
🎶間違っちゃいないんだ
小瀧の歌い出しでクラスの人は急に静かになった。
騒がしかった廊下も教室も急に静かになり
教室にはピアノとメンバーの歌声が響いた。

この曲はきっと全国の学生さんに響く歌詞だと思う。
部活とかで中々上手くいかなかったり
クラスの仲のいい子達の一緒にいることで
何か違和感を感じたり…。

それでも皆は自信を持って欲しい。
間違ってないから。
間違っちゃいないから。
JW
JW
🎶間違っちゃいないよな
消えたくなった夜も
逃げたくなった朝も
まぁまぁかっこいいんじゃない
中間淳太
中間淳太
🎶泣きたくて泣けなくて
JW
JW
🎶お疲れと夕日がほら
君は君で君なんだ
藤井流星
藤井流星
🎶間違ってもいい
JW
JW
🎶間違ってもいいんだ
大サビ前の俺が大好きな所。
最初は小瀧と淳太のパート
小瀧望
小瀧望
🎶頑張れなくていい
嫌になったっていい
中間淳太
中間淳太
🎶頑張れなくていい
嫌になったっていい
藤井流星
藤井流星
🎶情けなくていい
ダサくていい
怖くなってもいい
桐山照史
桐山照史
🎶情けなくていい
ダサくていい
怖くなってもいい
神山智洋
神山智洋
🎶どんな自分だっていい
金井
金井
🎶どんな自分だっていい
ピアノを弾いている俺は
メンバーの顔を見ながら弾いていたけど
途中からクラスの皆の顔も見るようにした。

そしたら泣いている生徒も居て
ちゃんと届いているんやと思うと
ホンマに嬉しかった。
JW
JW
🎶君と出会ったことも
夢を信じることも
答えに牙むいてさ
桐山照史
桐山照史
🎶間違っていないよな
JW
JW
🎶目が合う近所の空
僕は僕で僕だ
間違っちゃいない
間違っちゃいないんだ
重岡大毅
重岡大毅
🎶間違っちゃいない
JW
JW
🎶間違っちゃいないんだ
最後の最後まで気持ちよく弾き終わった時に
丁度6時間目のチャイムが鳴った。

俺らは慌てて自分の席に着いた。
最後俺の方にきたあなたが
優しく俺の肩をパパっと叩いて席に戻って行った。

すると後ろの席の照史が俺の肩を叩いて
ほれ!とメモ帳の1枚を渡してきた。
重岡大毅
重岡大毅
…これどこから?
桐山照史
桐山照史
お前の肩に貼ってあったで笑笑
いつ肩に貼ってあったのか気が付かなかったが
メモ帳に書かれていた字と内容で直ぐに分かった。
重岡大毅
重岡大毅
…あいつ笑笑
そこに書かれていたのは
あなたの字で

やっぱ大毅の作った歌最高!
また歌おうな。
いや、また最高の曲作って
俺の隣で大毅はピアノ弾いて
俺たちは大毅囲んで歌おうな。

と書かれていた。