無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第187話

お昼休み〜!
桐山side
学校の中でも最高の楽しみなのが…
桐山照史
桐山照史
お昼や〜〜〜!!!
中間淳太
中間淳太
照史は食べたいだけやろ笑
淳太くんのツッコミは無視して←
俺は今日自分で作ってきたお弁当箱を持って
俺らはどこで食べようか迷っていた。

そんな時あなたが口を開いた。
金井
金井
…後ろの小さいロッカー机にして
食べる?
俺らは椅子持ってきて。
あなたが後ろを指さしてそう言った。
後ろには確かに机くらいの高さになっている
2段のロッカーがある。
重岡大毅
重岡大毅
ええんちゃう?
神山智洋
神山智洋
…でもせっかくのロケやし
俺らももっと学生と
話した方がええんちゃう?笑笑
小瀧望
小瀧望
大丈夫や。神ちゃん。
俺らが食べてる時はカメラ回さんねん。
桐山照史
桐山照史
えっ?そうなん?
中間淳太
中間淳太
…おん。
神山智洋
神山智洋
なんで?
重岡大毅
重岡大毅
…あなた薬飲むからやろ?
JW
JW
JW-赤紫黄白桃
あぁ…。
金井
金井
…ほんまごめん。
小瀧望
小瀧望
もぉー!かまへんって!!
それに俺らやって嫌やし。
あなたが苦しんでるところ
カメラに移るの。
やから俺と濵ちゃんでお願いした!
そしたら淳太としげも加わって
くれてん。
金井
金井
…そうなんや。
おおきにな。
それからあなたの言う通り
俺らは後ろの小さなロッカーを机代わりにして
椅子は後ろの使われていないものを借りて
食べることにした。
重岡大毅
重岡大毅
やっとあなたの隣や!!
小瀧望
小瀧望
はぁー!?
俺やし〜!!!
金井
金井
…もう誰でもええわ。
藤井流星
藤井流星
じゃんけんでええんちゃう?
神山智洋
神山智洋
せやな。
勝った順番から座っていこうや。
流星と神ちゃんの意見で俺らはじゃんけん
することに。

そして席順は左側から
淳太くん、俺、流星、神ちゃん
しげ、あなた、望、濵ちゃんに。
小瀧望
小瀧望
やっっっっったーー!!
重岡大毅
重岡大毅
うぃーーーー!!!
いただきまーーす!
金井
金井
なんやねん笑笑
いただきます!
あなたと神ちゃんと俺は自分で作った弁当。
他のメンバーはコンビニで事前に
買った弁当を食べた。
小瀧望
小瀧望
…‪…もーらい!!
金井
金井
あっ!…もう笑
重岡大毅
重岡大毅
も〜らい!!
アヒャヒャヒャ
金井
金井
お前らなぁ…笑笑
どうやらしげと望はあなたの弁当を食べたらしい。
濵田崇裕
濵田崇裕
もぉー!望!
お前は自分の弁当あるやろ笑
…望は濵ちゃんのも食べたのか笑笑
桐山照史
桐山照史
ん〜!!
ご馳走様でした!!
中間淳太
中間淳太
早ない!?
桐山照史
桐山照史
えっ?
神山智洋
神山智洋
もうちょいゆっくり食べや?笑
桐山照史
桐山照史
…えぇー!
金井
金井
あっくん〜!
桐山照史
桐山照史
はいはーい?
金井
金井
食べ終わったんなら
この2人どうにかして〜?
俺食べられへん笑笑
桐山照史
桐山照史
今行きまーす!!
あなたに呼ばれしげと望をよく見ておくことに。
小瀧望
小瀧望
…なんで親方来んねん。
桐山照史
桐山照史
親方ちゃうわ!
重岡大毅
重岡大毅
…あなたの飯食いたいんか?
そんなん俺らが守るわ!!
桐山照史
桐山照史
お前に言われた無いわ!!笑
なんなら俺がお前らを守りに来たわ笑
金井
金井
……ん、んま。
崇裕…はい。あ〜…
濵田崇裕
濵田崇裕
……ん!
ん〜!美味い!!
小瀧望
小瀧望
はぁ!?何してんねん!
金井
金井
…んっ?崇裕にあーんした。
お兄さん?それ多分1番言ったらいけない台詞やと
思うで?
小瀧望
小瀧望
はぁーーーーー!!!
もう、のんちゃん怒った!!
明日席順変えてやる!!
ふんっ!!!
金井
金井
えぇーー…。
ごめんって。
小瀧望
小瀧望
ふんっ!!!
重岡大毅
重岡大毅
赤ちゃん小瀧はほっといて
あなた!ジュース買いに行こ?
金井
金井
…いや、えっ?ん、ええけど
…いや大毅笑
財布は持って?
重岡大毅
重岡大毅
ふぇ?なんのこと〜?
…小瀧〜?あなたがジュース
奢ってくれるってさ。
小瀧望
小瀧望
……オレンジ。
金井
金井
…ちょっ!…もう分かった…。
大毅は?何?
重岡大毅
重岡大毅
…三ツ矢サイダーとりんごジュースと
金井
金井
待て待て待て!!
1個や!笑笑
重岡大毅
重岡大毅
えぇー?
俺1個とか分からない〜♡!
金井
金井
…はい、行くで。
重岡大毅
重岡大毅
うわーーーー!ごめん!!!
こんな茶番は俺らにとっては当たり前やけど
女子生徒にとったら初めてらしく
女子生徒の殆どが俺らの方を見ては笑ってくれた。
桐山照史
桐山照史
…ごめんな?声でかいやろ?
女子生徒①「大丈夫です!楽しいし!」

女子生徒②「うんうん!共学って感じ!」

煩いかなと思って周りに謝ったら
以外に喜んでくれて凄く嬉しかった。









重岡大毅
重岡大毅
いぇーーーーーい!!
買ってもらったーーーーーー!!!
三ツ矢サイダーを両手に持ったしげとは反対に
その後ろから顔が死んだようなあなたが
教室に入ってきた。
桐山照史
桐山照史
疲れきってるな?
金井
金井
…やって自動販売機が見えたら
急に走り出すから。疲れるわ。
…それに最悪なのが俺の財布
持って逃げ回るから。
そしたら炭酸2本買いやがって…。
しかも1000円札。
おかしいやろ?
そのお釣りで遊び始めるは
望のジュースも買わなあかんのに
なかなか財布返してもらわんし
さらに騒ぎを聞きに他の生徒も来て
そしたらここにいる全員分のジュース
買ってしまえ!って言うし…。
もう…疲れたわ。
桐山照史
桐山照史
笑笑笑笑笑
お疲れさん。
金井
金井
ん〜、疲れた。
あっくん〜!!!
あなたが甘えたい時に使う「あっくん」呼び。
そのままあなたは俺に抱きついてきた。
桐山照史
桐山照史
はいはい。お疲れさん。
…望の顔死んでるから笑笑
金井
金井
ふは。せやな〜。
のん〜?ジュースだよ!
まるで飼い犬を呼ぶように望を振り向かせるあなた。
それに望もなかなか呼ばれない「のん」呼びに
ちょっと嬉しそう。

…さっき怒ってたんちゃうかい笑
金井
金井
…ほれ。オレンジジュース!
ごめんな?笑
慣れた手つきで望の頭を撫でて自分の席に
座ったあなた。
小瀧望
小瀧望
〜〜〜〜〜〜あなた!!!!
金井
金井
うわっ!はいはい…。
望があなたに抱きついた瞬間
次の授業の予鈴のチャイムが鳴った。
藤井流星
藤井流星
次ってなんやったっけ?
神山智洋
神山智洋
…芸術や。
俺らって確か音楽やんな?
濵田崇裕
濵田崇裕
移動か!行かな!
移動教室の芸術。
美術と音楽と書道の選択授業だが
俺らは強制的に音楽になった。

…まぁ仕事が音楽専門だから嬉しいけどな?笑
金井
金井
…照史ー!行こう!!
桐山照史
桐山照史
おう!
あなたに誘われ皆で一個上の階にある音楽室に 
向かった。