無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第192話

HappyBirthday!淳太!
中間side
日付が変わった時から俺の携帯は鳴り止まなかった。
まぁ理由は簡単。俺が誕生日だから。
グループメールは相変わらずしげが中心に煩くて
とても見るに堪えない内容ばかりで1回無視した。笑

グループメールの今の会話に入れてないのは
照史とあなただけ。
照史はドラマの撮影で
あなたも映画とドラマの撮影。

この前の学生の夢を叶えるために行った
1ヶ月間学校生活を送るというものでは
その間は学生業に集中するために
ほぼ仕事を無くした。

それもあってあなたは溜まっていた仕事を
今撮っている最中。
あなたは元々体が弱いから時々心配。

あなたのことを考えながら
晩酌でもしようとお酒を開けようとしたら
インターフォンが鳴った。
カメラを覗くと底には…
中間淳太
中間淳太
ちょっ!あなた!?
金井
金井
へへへっ笑笑
来ちゃった〜笑笑
薄着のあなたがそこに立っていて俺は慌てて
玄関に行って鍵を開けに行った。
中間淳太
中間淳太
何してんねん。
金井
金井
……会いたくなった。
キュルキュルな目を俺に向けたあなたは
そう言ってふわりと笑った。
その直後くしゃみをしたあなたを慌てて中に入れ
俺の服を渡して風呂に入るように指示した。
金井
金井
淳太〜?出た。
中間淳太
中間淳太
ん。
飯は?食べたん?
金井
金井
うん。…ちょっと。
中間淳太
中間淳太
ちょっと?
金井
金井
…うん。減量中やねん。
ロケ弁の半分より少ないくらいかな?と言って
床に座るもんやからクッションを渡して
暖かい紅茶を入れた。
あなたはコーヒーがちょっと苦手やから
あなたがいつ来てもいいように
あなた用の紅茶を持っている。
金井
金井
へへっ笑
おおきに。
中間淳太
中間淳太
…仕事は?
金井
金井
…7時入り。
でもまぁ平気ちゃう?笑
泊まってもええ?
中間淳太
中間淳太
…その為に来たんやろ?
金井
金井
ちゃうちゃう!!笑笑
渡したいもんあってん笑笑
大きなリュックから綺麗な袋を取り出して
俺に差し出したあなた。
開けてみると…
中間淳太
中間淳太
ふは笑笑
リップクリームの詰め合わせやった。
金井
金井
ええやろ!?
これみた時淳太や!!って
思ってん!
でな!?
右から夜用、昼用、朝用やって。
使ってな!?
中間淳太
中間淳太
おん笑笑
ありがとう。笑
金井
金井
ふふっ笑
やった〜!!
俺が貸した服に首をすくめて優しく笑った。
あなたのコップの中にはもう紅茶が無くて
おかわりでも入れようとコップを持って
一旦あなたから離れた。
金井
金井
……じゅんた??
中間淳太
中間淳太
ん〜?
金井
金井
あ、居った。
あなたはうたた寝をし始めて
パッと目を覚ました時俺が居なくて態々
探しに来てくれた。
あなたはそのまま俺のそばに居て服の袖を
キュッと握ってきた。
中間淳太
中間淳太
なんや?どうしたん?
金井
金井
……ん。
中間淳太
中間淳太
…久しぶりに見たわ笑
俺へのデレ。
金井
金井
…ええやん。別に。
中間淳太
中間淳太
せやな?笑笑
紅茶を入れ終えてコップをあなたに渡すと
両手で受け取ってちまちまとさっきまで
いた所に戻って行った。
後から俺も着いて行ってあなたの隣に座ると
あなたは俺の肩に頭を乗せてきた。
中間淳太
中間淳太
偉い甘えたやな笑笑
俺もそんなこと言ってるけど実は嬉しい。
あなたは実の弟とちょっと似てるから
ホンマに可愛くてしゃあない。
もっと甘えてもええんやで?って言っても
どうせあなたは恥ずかしがって
素直に甘えて来ることが無くなると思うから
心の中でそう思っとく。
金井
金井
…今日の夜、また来てもええ?
中間淳太
中間淳太
ん。ええよ笑
なんで?
金井
金井
ふふっ笑笑
今日やん笑笑
放送日笑
夜にここに来て一緒に見ようと誘ってくれて
俺も嬉しくて頷いてしまった。
でもその後あなたは何も喋らず
ゆったりとした時間が流れ
ふときになって横を見ると
あなたは俺の肩でもたれて寝ていた。

流石にこんなところで寝ると風邪引くと思って
起こさないように姫抱きにして
あなたを俺のベットに運んだ。

あなたをベットに運んだ後
俺はリビングに戻りコップを下げて
テーブルを拭き、風呂に入って
あなたから貰った誕生日プレゼントを開けて
ソファに寝た。














俺が次に起きた時にはもうあなたは居らず
あなたは簡単な置き手紙と俺の朝ごはんを作って
仕事に向かった。
1人ではちょっと多かったから昼用に少し残して
あなたが何時に終わるかをマネージャーに
確認してあなたが来るのを待った。
夜、OAが近付いてきた時
家のインターホンが鳴って玄関に行って鍵を開けた。
金井
金井
遅くなった〜!
……あのさ?
中間淳太
中間淳太
ん?
金井
金井
…その…あの…。
中間淳太
中間淳太
なんやねん笑笑
どうしたん?
金井
金井
…ごめん!淳太!
中間淳太
中間淳太
えっ?何が?
急にあなたが謝り出すから何かなって思ったら
半分しか開いてなかったはずのドアが
誰かによって前開きになった。
あなたでもないし誰かと思っていると
重岡大毅
重岡大毅
ぴぃやーーーーー!!!!
淳太ーーーーーー!!!!
中間淳太
中間淳太
うわーーーー!!!!
重岡大毅
重岡大毅
アヒャヒャヒャヒャ!
しげが俺に向かって虫のおもちゃを投げつけて
颯爽に俺の家に上がって行った。
金井
金井
…ほんまごめん。
中間淳太
中間淳太
…構わへんよ。
しゃあないよ。
着いてきたんやろ?
金井
金井
…うん。
なんかちょっとしょんぼりしてしまったあなたを
とりあえず中に入れて
あなたが簡単に夕飯を作ってくれて
その夕飯を食べながらOAを全部一緒に見た。


こんな誕生日もちょっとはええかなって
そう思った楽しい夜になった。



〜青い鳥〜
@smile
はぁ総じてかっこいい
取り敢えずあなたくんの取り合いが
本当に面白かったしもっと見たい!!

@norikosi Iovestory
WESTと青春私も過ごしたかったな…。

@lovely christmas
自担の制服まじかっこいい。
WESTの制服まじかっこいい。

@YSSB
あの素晴らしい曲CD化しないかな。
普通にめっちゃいい歌詞!!
それにしげちゃんがあなたに
自分のパートはええんか?って聞いて
その返事もめちゃくちゃかっこよかった!!

@akai muffler
音楽の授業中、しげとあなたの小さなメモの
内容が凄く気になる。
読み終えたあと2人とも凄い笑顔だから
もうそれくらい素晴らしい内容が書かれてるん
だろうけどその内容が!!!
知りたいんじゃ!!!

@matigattyainai.
どうして1番楽しいはずであろう
昼休みを映さないの??

@akai muffler
あなたくんの持病が関係あるのかも…!

@yukini negaiwo
とりあえずレギュラー化しない?
最高なんだよ。
BADがBADしてるし
夫婦が夫婦してるし
かみしげがかみしげしてるし
twinがtwinしてるんだわ。
こんなん毎週みたいに決まってるじゃん。