前の話
一覧へ
次の話

第1話

🍒
150
2019/05/03 13:06
軽く紹介をします!
🥀=You

🐯=てひょん

🐥=じみん

🐰=じょんぐく

🐻=するぎ

🐭=ゆんぎ



では本編へレッツゴー!

🥀「するぎぃぃぃ!」
🐻「ん?どうした?」
🥀「今日もてひょん君かっこいい🥺」
🐻「いつもそれしか言ってないじゃんㅋ」
🐥「あなた〜♡」
🥀「うぇ、」
🐥「うぇってなんだよぉ」
🐻「あなた、てひょん来たよ?」
🥀「うそ!?」
🐥「てひょん〜!」
🐯「ん」
🥀「ボソッ))てひょん君かっこいい、」
🐯「あなたなんか言った?」
🥀「ううん、なんも言ってないよ☺️」





なんだよ、この気持ち
あなたの顔見ると胸がはち切れそう
なんだよ俺、





🐭「あなた弁当忘れてるぞ」
🥀「おっぱ!!」



兄妹なのは分かってるのに
見てるとイライラする、


🐥「てひょな?」
🐥「怒ってる?」
🐯「怒ってねぇよ」
🐯「俺、あなたと学校行ってくる」
🐥「は?えっ、ちょっ」
🐯「あなた、学校行くぞ」

俺はあなたの手をとった
🥀「え?あっ、うん」
🥀「てひょん君どうしたの?」
🐯「なんでもねぇよ」
🥀「てひょん君っていい匂いだね!」
🐯「ふーん、」


そういう所だよ
いきなり言うなって




あなたside



実はあなたね、てひょん君の隣の席なんだ!!
てひょん君は塩対応だけど、
そういう所が好きなんだよね


🥀「好き、」
🐯「お前どうした?」
🥀「何が??」
🐯「いきなり、好きって言ってたぞ」
🥀「な、なんでもないっ//」



私はぐぅたんの所に走った


🥀「ぐぅたん!」
🐰「あなたヌナ!」
🐰「どうしたんですか?いきなり」
🥀「あのね、てひょん君に無意識に好きって言っちゃった、///」
🐰「えぇぇぇぇ」












てひょんside
🐯「何なんだよ、」
🐻「どうしたんだ、てひょんしぃぃ」
🐯「お前には分からねぇよ」
🐻「あなたのことでしょ?」
🐯「なんで分かるんだよ」
🐻「女の勘ってやつㅋ」
🐻「あなたの事好きなんでしょ?」























🐯「は?」

プリ小説オーディオドラマ