無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10
正直寂しかった…あなたは僕の初恋があなただなんて知らないだろうな、
あなたがテヒョンを見つけたとき、どこか悲しくて
ぐく
ぐく
ッ…あなた
僕は静かに泣いた、テヒョンとあなたがはぐを交わすのをみて
貴方
貴方
ぐく…泣いてる…
テヒョン
テヒョン
俺らのせいだね…
コンコン
音がした方を向いたらあなたが手招きしていた
ぐく
ぐく
何?
貴方
貴方
ぐぅちゃん、私の勝手でごめんね、
ぐく
ぐく
ぐぅちゃん?
貴方
貴方
あ…
テヒョン
テヒョン
ふふっ…俺の前ではそう読んでたよずっと
貴方
貴方
テヒョンっ!
貴方
貴方
ぐぅちゃんは悲しいよね
ぐく
ぐく
別に…
貴方
貴方
ねぇ、これあげるよ?
貴方
貴方
かたみにしてね
ポストみたいなとこから出てきたお守り
ぐく
ぐく
ありがとう
ぐく
ぐく
ばいばい
貴方
貴方
ばいばい
そう言って別れをつげた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

華🥀 @ army
華🥀 @ army
#暗闇に光を灯して君を見つけるよ 💓またすいません。小説何個か消します。 💓ペア画中。誰とペア画か探してみてね? 💓女子です。 💓中2です。 💓病んでいた私を助けてくれたのはBTSでした。 💓じみんよりのallペンです。 💓serendipity・promise・lie・seve me・が特に好きです。 💓BTSの小説を主に書いてます。 💓ファンマ→🥀🐥 💓ファンネ→blossom。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る