無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1話
あなたside
今日も始まる
白濱亜嵐
白濱亜嵐
あなたちゃーん!
五番さん指名入ったよ!
八木あなた
八木あなた
はいっ今行きマース!
この人はこの店の店長で
とっても優しい人
八木あなた
八木あなた
今日も来てくれたんですか?
客「そうだよ〜あなた見る為に
仕事やめてきた〜!」
八木あなた
八木あなた
私の為にありがとうございます!
私は言わゆるキャバクラで
キャバ嬢として働いている
別に働きたくてここに
いる訳ではない
私の父は私が生まれて直ぐに
病死して母はたくさんの借金
を背負っていたけど、払い
終わる前に病死した。
でもその借金は本当は母がした
訳では無い。友達の連帯保証人
になったらその人は逃げたらしい。
母が亡くなった時に聞いた値段は
6000万円、でも今は3000万円
まで返せた。普通のバイトでは
死んでも返せないからキャバ嬢を
している
白濱亜嵐
白濱亜嵐
どう?返済順調?
八木あなた
八木あなた
後、半分くらいですかね
白濱亜嵐
白濱亜嵐
そうか〜ごめんね、手伝うこと出来なくて
八木あなた
八木あなた
いえ、店長には色々
助けて貰いましたから
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ならいいんだけど
八木あなた
八木あなた
仕事しましょ!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
だな笑
店長は当時の年齢では
働けなかったはずなのに
私の事情を知ったら
許してくれた。あの時に
店長が許してくれなかったら
私は今どうなっていたか、
ほんとに店長には感謝している。
ああ今日も帰ったら1人だなとか
考えていたら
女「ねぇあんた私の客取ったでしょ!」
八木あなた
八木あなた
何言ってるんですか!
この人は私の先輩なんだけど
そんなに人気はない
そういえば元々この人の
客だった人が私を指名
するようになった。
でも私がとった訳ではない
女「ちょっと裏来て!」
______________________________________________
ビシャ
八木あなた
八木あなた
何するんですか!
水をかけられた
冬だから超寒い
その後蹴られ殴られ
女「あんた借金あるんでしょ?」
八木あなた
八木あなた
なんで知ってるんですか!
男「俺、あんたの母親の
受取人だから」
男「何年待ってると思ってんだよ!
さっさと返して」
八木あなた
八木あなた
それはまだできm…
??
これやるよ!
八木あなた
八木あなた
えっ
男「はぁ!なんだよこれ」
??
中見ろよ!
男「はぁ!」
その中には3000万円が入っていた
女「あんた!」
見知らぬ男の人は
男の胸ぐらを掴んで
??
その金はくれてやるよ!
その代わり、この子と
俺の前にもう2度現れんな!
女「分かったよ!」
男「行くぞ」
八木あなた
八木あなた
あのありがとうございました!
??
お、おう!