無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9話
あなたside
おはようございます。
とっても眠たいです!
何故なら昨日勇征が心配で
全く眠れませんでした。
こんなことを言っていると
勇征が降りてきました
八木勇征
八木勇征
起きてたんだ
八木あなた
八木あなた
うん、おはよう!
八木勇征
八木勇征
うん
なんか足引きずってる?
八木あなた
八木あなた
あっ足痛い?
八木勇征
八木勇征
大丈夫
中島颯太
中島颯太
おはようございます!
八木あなた
八木あなた
颯太おはよう!
八木勇征
八木勇征
おはよう
中島颯太
中島颯太
ご飯食べましょ!
八木あなた
八木あなた
そうだね
八木勇征
八木勇征
なぁあなた
八木あなた
八木あなた
どうしたの?
八木勇征
八木勇征
高校行ってないよな?
八木あなた
八木あなた
うん
そう、私はお金を稼ぐために
中卒で今は16歳
でもなんで?
八木勇征
八木勇征
高校行かない?
八木あなた
八木あなた
えっ
八木勇征
八木勇征
お金のことは気にしなくて
いいから
八木あなた
八木あなた
でも
八木勇征
八木勇征
あなたに普通の女子高生として
生活して欲しい
八木あなた
八木あなた
なんでそこまでしてくれるの?
中島颯太
中島颯太
もう言ったらどうですか?
八木勇征
八木勇征
…分かった
八木勇征
八木勇征
俺は…