無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

32話
2日後
あなたside
あの時叩かれた以来なにも
されていない。
ご飯の時間になったらちゃんと
美味しいご飯を出してくれるし、
俺の女だからとか言ってたけど、
そういう行為は1度もされていない。
ほんとになんのために私をここに
連れてきたのか1ミリも分からない。





戻れるなら早くここを出て
またお兄ちゃんたちと暮らしたい
_______________________________________________
勇征side
あなたが家出をする少し前から
澤本組の幹部らに俺らが狙われて
いた。だからすぐに澤本組の仕業
だって分かった。

あの時俺があなたを離さなければ
あなたは辛い思いをしなかったの
かもしれない。

あなたには今までたくさん辛い思いを
させてきた。だから今度こそ俺が
幸せにするって決めたのに、

ほんとに俺は情けない。

ぜってぇ澤本夏輝を許さねぇ!
中島颯太
中島颯太
勇征くん、勇征くん!
八木勇征
八木勇征
なんかわかったか?
あれから俺たちは寝る間を惜しんで
澤本夏輝について調べていた
中島颯太
中島颯太
澤本組のアジトがわかりました
瀬口黎弥
瀬口黎弥
どこ?
中島颯太
中島颯太
ここです
颯太が地図を見せてくれた。


よく見るとここからそんなに
遠くない。


なんで今まで俺は気づかなかったんだ。


ほんっとに情けない
八木勇征
八木勇征
乗り込むぞ
中島颯太
中島颯太
それが…
八木勇征
八木勇征
なんだよ?
中島颯太
中島颯太
澤本組の数が八木組と瀬口組を
合わせたとしてもあいつらの
2分の1です
瀬口黎弥
瀬口黎弥
くそっ、
八木勇征
八木勇征
だからなんだよ
中島颯太
中島颯太
えっ?
八木勇征
八木勇征
数が少ないから負ける?
な訳ないだろ!
俺らは強いんだよな?
だったらどんな相手でも勝てる!
中島颯太
中島颯太
勇征くん
堀夏喜
堀夏喜
俺らもやる
八木勇征
八木勇征
夏喜…ありがとう!
堀夏喜
堀夏喜
あぁ
瀬口黎弥
瀬口黎弥
なんか久々だな笑
八木勇征
八木勇征
てめぇら行くぞー!
下っ端
しゃァー!!!
俺らはこうしてあなたを
助けに向かった