無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話
八木勇征
八木勇征
ここが今日から住むあなたの家
八木あなた
八木あなた
デカ
中島颯太
中島颯太
笑笑
ほんとに大きくて、私が
住んでたアパートの
だいたい5倍くらいある
八木勇征
八木勇征
これから外に出る時は下の人
でもいいから声掛けて
八木あなた
八木あなた
はい
八木勇征
八木勇征
後、敬語じゃなくていい
八木あなた
八木あなた
うん
八木勇征
八木勇征
じゃあ俺はちょっと出てくる
中島颯太
中島颯太
行ってらっしゃいー
下っ端
行ってらっしゃいませ!
八木あなた
八木あなた
ビクッ
中島颯太
中島颯太
笑笑そんな驚かなくても
八木あなた
八木あなた
笑わないで
中島颯太
中島颯太
ごめんごめん
八木あなた
八木あなた
ねぇ颯太さん
中島颯太
中島颯太
颯太でいいよ
八木あなた
八木あなた
ねぇ颯太〜 
勇征さんってなんの
仕事してるの?
中島颯太
中島颯太
簡単に言うと、ヤクザ
八木あなた
八木あなた
ヤクザ?
中島颯太
中島颯太
そう、僕達は八木組で
勇征くんは若頭なんだよ!
勇征くんは組長になる予定
八木あなた
八木あなた
凄いんだね
中島颯太
中島颯太
そうだね
ヤクザだったんだ。
でも、ヤクザって極道みたいなので
怖いイメージしかないけど、なんか
あの人たちは優しそうなんだよな
中島颯太
中島颯太
今、怖いとか思ってたでしょ?
八木あなた
八木あなた
エスパー!?
中島颯太
中島颯太
ちゃう笑
中島颯太
中島颯太
でも、勇征くんは全く怖くないで!
あの人素直じゃないけど、根は本当に
優しくて、俺も勇征くんに助けて
貰った身だから
八木あなた
八木あなた
そうだったんだ
中島颯太
中島颯太
ご飯つくってくれるから
それ待と?
八木あなた
八木あなた
私が作りたい!
中島颯太
中島颯太
えっ?
八木あなた
八木あなた
借金も返してくれたし、
家も住ませてくれるし、
ご飯くらいは作らせて!
中島颯太
中島颯太
…分かった