無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6話
中島颯太
中島颯太
勇征くん、あなたさんに
言ったらどうですか?
八木勇征
八木勇征
まだ
中島颯太
中島颯太
そうやって言ってるから
言うタイミングが見つから
ないんじゃないんですか?
八木勇征
八木勇征
そうだけど…
中島颯太
中島颯太
まぁ頑張ってください!
八木勇征
八木勇征
ありがとう
中島颯太
中島颯太
じゃあミーティング
行きましょっか!
八木勇征
八木勇征
おう
颯太side
僕に家族は居ない。
1人で夜道を歩いていたら
勇征くんに助けられた。
だから、そんな勇征くんだから
幸せになって欲しい。
最近の勇征くんは笑顔がない。
いい加減ホントのことを言えば
いいのに
勇征side
俺はあなたに隠している
ことがある。だけど、打ち明け
ようと思ってもなかなか言えない。
俺にあなたを幸せにすること
なんて出来ない。