無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

花吐き病 モモ 4
ガチャッ!!
ナヨン
ナヨン
あら、モモおかえり!
ジン
ジン
ホソガもおかえり!
モモ
モモ
ただいま!
ホソク
ホソク
ただいま!
僕は、みんなにモモと付き合ったことについて言わなあかんな…
ホソク
ホソク
あの!
ダヒョン
ダヒョン
ホソクオッパ、どうしたの?
ジミン
ジミン
どうした?
サナ
サナ
なんとか言って欲しいな…
ホソク
ホソク
僕、モモと付き合うことになりました。
TWICE
TWICE
…………………………………………
BTS
BTS
(ホソク以外)…………………
ああ、やっぱり無理なんだな…そう思った…
ジョンヨン
ジョンヨン
えー、いいじゃん!
モモ、ホソクオッパおめでとう!
ユンギ
ユンギ
おめでとう、モモのこと幸せにしなよ?
ホソク
ホソク
わかったからwww
ミナ
ミナ
モモ、おめでとう^^*
あと、花吐き病完治おめでとう^^*
モモ
モモ
うわあーーん!
ありがとう^^*
ジョングク
ジョングク
モモ泣きすぎだって!
モモ
モモ
だって嬉しいんだもん!!
ナムジュン
ナムジュン
可愛いな、モモは^^*
ジヒョ
ジヒョ
あー、モモのこと奪わないでください!
テヒョン
テヒョン
あははwww
ツウィ
ツウィ
うふふ^^*
すると、ナイフを持ったスタッフが入って来た。

ガチャッ…
ユンギ
ユンギ
なんでナイフ持ってんだよ…
チェヨン
チェヨン
チェヨン、怖い…
ジミン
ジミン
大丈夫、僕警察呼んだから!
ナヨン
ナヨン
早いわね…
ジミン
ジミン
だろ?o(`・ω´・+o) ドヤァ…!
モモ
モモ
カタ:(ˊ◦ω◦ˋ):カタ
ホソク
ホソク
モモ、隠れてろ…!
モモ
モモ
うん…
モモは見えないところへ隠れた。
スタッフ
スタッフ
隠れても無駄なんだよ…
私のホソクオッパを奪ったこと許さないから!!
ダヒョン
ダヒョン
あのなぁ、聞いてりゃ差別的な言葉しか言ってないよな?
スタッフ
スタッフ
うるさい!
奇病女、出てこい!
モモ
モモ
…………………………
ホソク
ホソク
モモ、出ちゃダメだ!
モモ
モモ
うん…
スタッフ
スタッフ
そこにいるのはわかっているんだからね!!
ミナ
ミナ
💭お願い…警察来てよ…
スタッフ
スタッフ
警察なんて来ないよwww
残念だったなwww
モモ
モモ
……
すると、警察が来た。

ガチャッ!!
警察
警察
警察だ!!
動くな!!
スタッフ
スタッフ
げっ!
警察が来て、スタッフが持っていたナイフを投げ捨てた。
警察
警察
君!恐喝容疑で逮捕する!
スタッフ
スタッフ
チッ! あと少しだったのに…
女性スタッフはそう言い、警察に連行された。
よかった…モモ大丈夫だよ…
ジョンヨン
ジョンヨン
モモ、出ておいで?
ホソク
ホソク
大丈夫だよ^^*
モモ
モモ
チョコチョコ…
ユンギ
ユンギ
💭え?可愛い…
モモ
モモ
…グスッ
ホソク
ホソク
よく頑張ったな…偉いぞ^^*
モモ
モモ
えへへ、ありがとう^^*
その後、女性スタッフは懲役50年下されたらしい…

そして、僕はモモと一緒にいる。
モモ、これからもよろしくな^^*


花吐き病 モモ編

❦ℯꫛᎴ❧

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さえにゃん
さえにゃん
小説は駄作ですが、読んでください^^* 친구有り♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る