無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

花吐き病 モモ
私には、好きな人がいる
ホソクオッパなんだ!
けど、スタッフに邪魔されるんだ…
モモ
モモ
あ、ホソクオッパ…
スタッフ
スタッフ
あ、ホソクオッパーー!!
ホソク
ホソク
なんですか?
モモ
モモ
……………………
私は話を出来ないまま、楽屋に戻った。
吐き気を抑えながら…
ホソクside

最近モモが声をかけてきてくれる。
僕はモモのところへ行こうとしたら、女性スタッフに邪魔されるんだ…
スタッフ
スタッフ
ホソクオッパ、聞いてますか?
ホソク
ホソク
あ、ああ、聞いてるよ?
スタッフ
スタッフ
もしかして…モモさんのこと気になりますか?
ホソク
ホソク
まぁ、な…
スタッフ
スタッフ
あの人は奇病持ちなんですよ?
あの気持ち悪い女なんかより、私のこと好きになりなさいよ^^*
ホソク
ホソク
ごめん、偏見するお前が嫌いだ!
じゃあな
僕は女性スタッフを退いて、モモを探した。
スタッフ
スタッフ
チッ! なんで奇病持ちの女を選ぶの…?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さえにゃん
さえにゃん
小説は駄作ですが、読んでください^^* 친구有り♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る