無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

蝶々病 ダヒョン 2
ガチャッ…
スタッフ
スタッフ
遅いんだけど?
ダヒョン
ダヒョン
ごめんなさい…
ユンギ
ユンギ
失礼します
ジョンヨン
ジョンヨン
失礼します
スタッフ
スタッフ
…は?
僕はスタッフの口から有り得ない言葉を聞いてしまった…
スタッフ
スタッフ
なんで2人いるの!?
1人で来いって言ったよな?
ダヒョン
ダヒョン
…ごめんなさい
スタッフ
スタッフ
謝らないでよ!
この蝶々女!
バシッ!
ダヒョン
ダヒョン
痛っ…
スタッフ
スタッフ
ふん!
これだから蝶々女は…
女性スタッフはダヒョンに掴みかかろうとした。僕は、気づいたら口を開いていた。
ユンギ
ユンギ
あの…いじめはよくないんじゃないですか?
スタッフ
スタッフ
あ?
あんたに関係ないでしょ?
ジョンヨン
ジョンヨン
あるよ?
スタッフ
スタッフ
はー?www
ユンギ
ユンギ
それに、監視カメラ設置してるし?
スタッフ
スタッフ
なっ…
ダヒョン
ダヒョン
え…?
ダヒョンが来る前に監視カメラ設置したんだよなー…さすが、天才ミン・シュガだ^^*
ユンギ
ユンギ
もう言い逃れ出来ないよ?
ジョンヨン
ジョンヨン
逃げたほうがいいかもね?
スタッフ
スタッフ
チッ!
ガチャッ…

バタン!

女性スタッフは逃げるかのように会議室を出た。
が、ダヒョンが苦しみ始めた。
ダヒョン
ダヒョン
う、うぅ…痛い…
ユンギ
ユンギ
大丈夫か!?
ダヒョン
ダヒョン
来ないで!!
ジョンヨン
ジョンヨン
なんで!?
私たちはあなたを助けに来たのに…
ダヒョン
ダヒョン
私が蝶々になる前に…ユンギオッパ、ジョンヨンオンニ…逃げて…!
僕は、この子を置いて逃げるなんて出来ない…!あ、そうだ、ここに来る前に、ジョンヨンと一緒にクチナシをつみに来たんだな
ユンギ
ユンギ
ダヒョン…いいものあげる
ダヒョン
ダヒョン
え…これ…
ジョンヨン
ジョンヨン
クチナシよ、あなたの治療法なの…
ダヒョン
ダヒョン
で、でも…うぅ…
ユンギ
ユンギ
早く蜜を吸え!
時間がないんだ!
ジョンヨン
ジョンヨン
お願い!
ダヒョン
ダヒョン
…わかったわ
そして、ダヒョンはクチナシの蜜を吸い始めた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さえにゃん
さえにゃん
小説は駄作ですが、読んでください^^* 친구有り♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る