無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

星泣き病 ナヨン
ポトッ…ポトッ…

私、ナヨンは泣きたくないのに泣いちゃうんだ…
けど、異変が起きた。

ポトッ…コロン…
ナヨン
ナヨン
え…何…これ…?
私が流した涙は…金平糖でした…
------後日…楽屋で…------
ホソク
ホソク
へー、ナヨンは星泣き病にかかったんだな…
ナヨン
ナヨン
そうなの…スタッフに見られたくないんだ…
ユンギ
ユンギ
あー、差別的発言するスタッフさんね
関わらないほうがいいんじゃない?
ミナ
ミナ
私たちは試したんですけど、差別的発言が出てくるんです…私たちは苦しみました…
テヒョン
テヒョン
そっか…どうすればいいんだろう…?
ツウィ
ツウィ
私たちは悩みましたが、答えが見つかりませんでした…
ナムジュン
ナムジュン
うーん…どうすればいいのかな…
サナ
サナ
ジミンオッパ、ボイスレコーダー持ってますか?
ジミン
ジミン
持ってるよん^^*
サナ
サナ
スタッフさんがこっちに来るの…
録音してくれないかな?
ジミン
ジミン
わかったよ!
僕の彼女の要望なら^^*
サナ
サナ
もう…ふふ^^*
ジョングク
ジョングク
僕たちは何を見せてるんですかね?
モモ
モモ
多分…イチャイチャかと…
ジョングク
ジョングク
そうなんだ^^*
僕はツウィとイチャイチャする^^*
ツウィ
ツウィ
もう、グクオッパ^^*
ジョングク
ジョングク
えへへ^^*
ガチャッ…

そこに、例のスタッフさんが来た。
サナ
サナ
ジミンオッパ、ボイスレコーダーの録音押して!(ボソッ
ジミン
ジミン
了解!(ボソッ
ポチッ!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さえにゃん
さえにゃん
小説は駄作ですが、読んでください^^* 친구有り♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る