無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

アルビノ ミナ
私は、1番信頼している…いや、奇病を理解しているマネージャーの車で移動している。

キィ…
ミナのマネージャー
ミナのマネージャー
着いたよ?
ミナ
ミナ
…ありがとう
ミナのマネージャー
ミナのマネージャー
またスタッフに何か言われたら私に言ってね?
ミナ
ミナ
わかったわ…
ミナのマネージャー
ミナのマネージャー
大丈夫、テヒョンさんがいるでしょ?
ミナ
ミナ
うん…^^*
ミナのマネージャー
ミナのマネージャー
じゃあ、頑張りな?
帰り、迎えに行くから^^*
ミナ
ミナ
わかった^^*
私は、長袖を着てテレビ局に入った。
すると、例のスタッフに嫌味を吐かれた。
スタッフ
スタッフ
うわっ、アルビノちゃんが来たしwww
まじ来んなよwww
ミナ
ミナ
…ッ!!
スタッフ
スタッフ
帰れ!帰れ!帰れ!
ミナ
ミナ
もう…やめて…
私は限界が来てしまった…
けど、そこに救世主が来たの…
??
おい、誰に向かって「帰れ!」って言ってんだよ!!‪💢💢💢💢‬
スタッフ
スタッフ
は?www
ミナ
ミナ
なんで…?

























なんでBTSのみなさんがいますか?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さえにゃん
さえにゃん
小説は駄作ですが、読んでください^^* 친구有り♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る