無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

花咲病 ツウィ
ガッシャーーン!!

ガッ!!
ツウィ
ツウィ
うぅ…
スタッフ
スタッフ
てめぇ…目に包帯巻いてもわかるんだよ!
ツウィ
ツウィ
い、痛いよ…離して!
スタッフ
スタッフ
うるせぇ!!
奇病グループのクセに!!
パッ!

ドン!
ツウィ
ツウィ
うぅ…
スタッフ
スタッフ
次から来るなよ?
奇病グループさんwww
ガチャッ…

バタン!!
ツウィ
ツウィ
…グスッ
私、ツウィはスタッフにいじめられている。
理由は…奇病だからだって…

私は倉庫を出て泣きながら歩いていると、私が気になっているグクオッパに会った。
ツウィ
ツウィ
グスッ…どうして奇病になったんだろう…
ジョングク
ジョングク
あれ?どうしたの?
ツウィ
ツウィ
あ、グクオッパ…
ジョングク
ジョングク
…(ツウィを見る
ツウィ
ツウィ
あの…何か…
ジョングク
ジョングク
なんで…目に包帯巻いてるの?
ツウィ
ツウィ
…見ますか?
ジョングク
ジョングク
お願い…
ツウィ
ツウィ
わかりました
その代わり…引かないでください…
ジョングク
ジョングク
わかった…
私は包帯を解いた。
グクオッパは驚いた顔をしたけど、切り替えて真剣な顔で私を見つめた。
ツウィ
ツウィ
気持ち…悪いですよね…
ジョングク
ジョングク
ううん、むしろ…綺麗…
ツウィ
ツウィ
綺麗…ですか?
私、スタッフにいじめられたのに…
ジョングク
ジョングク
…は?
ツウィ
ツウィ
え?
真剣な顔をしていたグクオッパはとても怖い顔へと変わっていった…変なこと言ったかな…?
ツウィ
ツウィ
あ、あの…ごめんなさい…
ジョングク
ジョングク
最低だな…あのスタッフ!
綺麗な奇病も怖い奇病もあるのにさ!!
ツウィ
ツウィ
グクオッパ…
ガシッ!
ジョングク
ジョングク
行こう!TWICEさんの楽屋へ
ツウィ
ツウィ
あ、でも包帯…
ジョングク
ジョングク
あ、巻かなきゃいけないな^^*
グクオッパは試行錯誤をしながら、包帯を巻いた。
ジョングク
ジョングク
よし、出来た
行こう!
ツウィ
ツウィ
うん…^^*
私たちはメンバーたちのいる楽屋へ向かった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さえにゃん
さえにゃん
小説は駄作ですが、読んでください^^* 친구有り♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る