無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

殺人病 ジョンヨン
私は楽屋でメイクをしているとき、スタッフさんが入って来た。
ジョンヨン
ジョンヨン
おはようございます^^*
スタッフ
スタッフ
チッ! 笑うなよ
殺人病のクセに
ジョンヨン
ジョンヨン
…は?(目を赤くし
私は無意識のうちに女性スタッフを襲っていた________________


ユンギside
ユンギ
ユンギ
ふぅ…
僕はジョンヨンと共演するため、1人で楽屋に来たが、なんか嫌な予感がした。
ユンギ
ユンギ
…まさか!!
バン!!

僕はジョンヨンがいる楽屋へ走った。
そして…

バン!!
ユンギ
ユンギ
…え
ジョンヨン
ジョンヨン
あ…ユンギ…オッパ…
僕が見たのは、女性スタッフをナイフで刺しているジョンヨンの姿だった。
女性スタッフは残念ながら刃物が心臓に達し、死んだ
スタッフ
スタッフ
________________
ユンギ
ユンギ
おい、ジョンヨンどういう事だよ…
ジョンヨン
ジョンヨン
ハァ…ハァ…ユンギ…オッパ…にげ…て…!(目を赤くし
ユンギ
ユンギ
ちょっ、お、おい落ち着けって!
僕は後ずさりをした。
だが、扉が邪魔で後ずさりができなかった。
ジョンヨン
ジョンヨン
逃げてよ…!
じゃないと、ユンギオッパを刺しちゃう…!
※ここからアレンジします
ユンギ
ユンギ
ジョンヨン…
ジョンヨン
ジョンヨン
な、何よ…
ユンギ
ユンギ
僕は…お前が好きだ!
ジョンヨン
ジョンヨン
…私のこと好きにならないで!
ユンギ
ユンギ
…………………………………………
スッ…

僕はジョンヨンが持っている刃物を静かに奪った。
そして、そのナイフは直ぐに投げ捨てた

カランカラン…
ジョンヨン
ジョンヨン
……………………………………
ユンギ
ユンギ
僕はお前が好きだ!
ジョンヨン
ジョンヨン
…ユンギオッパ
ユンギ
ユンギ
グスッ…ジョンヨンを犯人になるのはもう嫌だ!!(抱きしめる
ジョンヨン
ジョンヨン
私も…犯人扱いされるの…嫌だよ…グスッ…(抱きしめる
スッ…

ポタン…

僕の涙が、ジョンヨンの肩に落とした。
そして離れたらジョンヨンの目が元に戻っていた。
ユンギ
ユンギ
ジョンヨン…治ってる…
ジョンヨン
ジョンヨン
え…?(鏡を見る
ほんとだ…
ユンギ
ユンギ
やっぱり、好きな人の涙に触れたら治るって本当なんだな…
ジョンヨン
ジョンヨン
ふふ、ありがとう…
ユンギ
ユンギ
いえいえ^^*
ジョンヨン
ジョンヨン
大好き…
そのあと警察がきて、故意でやったと話をした。けど、逮捕せずに済んだ。

※小説内は大丈夫だけど実際は逮捕されるからね?

ジョンヨンと付き合えてよかった…
ジョンヨン、2人で乗り越えていこうな?



殺人病 ジョンヨン編

❦ℯꫛᎴ❧

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さえにゃん
さえにゃん
小説は駄作ですが、読んでください^^* 친구有り♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る