無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

蝶々病 ダヒョン
私、ダヒョンは蝶々病を患っている
背中にね、蝶々の痣があるの…
だから私は露出のない服を着ているんだ…
ダヒョン
ダヒョン
はぁ…行きたくないな…
そう、私はテレビ局に来ているんだ…
いわゆるスタッフの呼び出し…
ダヒョン
ダヒョン
嫌だな…
??
おーい、ダヒョンどうしたー?
??
すごく暗い顔してたけど、大丈夫?
ダヒョン
ダヒョン
え…?
私は振り向いた。
そこにはユンギオッパとジョンヨンオンニの姿だった。
ユンギ
ユンギ
どうしたんだ?暗い顔をして…
ジョンヨン
ジョンヨン
何かあった?
ダヒョン
ダヒョン
…あのね、スタッフに呼び出されたの
ユンギ
ユンギ
…なんで?
ダヒョン
ダヒョン
多分…私が奇病だからかな…
ユンギ
ユンギ
ちょっと待ってて!
ジョンヨンと会話する!
ダヒョン
ダヒョン
うん…
私はユンギオッパとジョンヨンオンニの会話を聞くことにした。

ユンギside

こんな時にダヒョンを呼ぶのおかしくないか?
ジョンヨンと話をしよう!
ユンギ
ユンギ
なぁ、ジョンヨン
ジョンヨン
ジョンヨン
はーい、どうしたの?
ユンギ
ユンギ
ダヒョン、絶対いじめを受けてる
ジョンヨン
ジョンヨン
え…どうして…
ユンギ
ユンギ
多分、またやられる
ジョンヨン
ジョンヨン
どうしたらいいの?
ユンギ
ユンギ
…予定変更!
ダヒョンと一緒に会議室へ行く
ジョンヨン
ジョンヨン
それ、いいね!
ユンギ
ユンギ
よし、作戦決行だ!
ジョンヨン
ジョンヨン
はい!
僕は作戦会議を終え、ダヒョンのところまで歩いていった。
ダヒョン
ダヒョン
どうだった?
ユンギ
ユンギ
…一緒に行こっか、会議室
ダヒョン
ダヒョン
え…なんでそれを…?
ジョンヨン
ジョンヨン
ダヒョン…あなた、いじめられてるでしょ…?スタッフさんに
ダヒョン
ダヒョン
…………………………………………
ユンギ
ユンギ
黙ってるってことは本当なんだな…
ジョンヨン
ジョンヨン
なんで言ってくれなかったの…?
もっと頼ってよ…
ダヒョン
ダヒョン
ありがとう…ユンギオッパ…ジョンヨンオンニ…一緒に行こ?^^*
ユンギ
ユンギ
うん^^*💭可愛いな…♡
ジョンヨン
ジョンヨン
うん^^*💭ダヒョン…可愛い♡
僕たちはテレビ局に入って、会議室へ向かった。さぁ、こっからが勝負だ!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さえにゃん
さえにゃん
小説は駄作ですが、読んでください^^* 非公開外します! 친구有り♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る