第25話

🧹24 Recollection &
2,250
2022/05/03 08:33





ーあなた過去回想ー








ヒョンジン
ヒョンジン
顔が真っ赤ですよ
ヒョンジン
ヒョンジン
まさか…こんな事で
照れてるんですか?
(なまえ)
あなた
っ////
ヒョンジン
ヒョンジン
純粋(ウブ) ですねㅎ
ヒョンジン
ヒョンジン
それとも…その "裏" には
強かな野心が、隠れてるのかな?
(なまえ)
あなた
まさかっ…!







ヒョンジンさんを真っ直ぐに見つめ返すと


ふっと彼の口角が上がる








もしかして…揶揄われた?








ヒョンジン
ヒョンジン
…貴方は仕事に自分の身体を捧げるには
純粋すぎます
ヒョンジン
ヒョンジン
そんなんじゃいつか…壊れてしまいますよ
(なまえ)
あなた
っ……
ヒョンジン
ヒョンジン
今ならまだ、普通に恋愛して
愛すら人と結ばれる…
ヒョンジン
ヒョンジン
そういう人生も選べるんですよ
(なまえ)
あなた
それは…
ヒョンジン
ヒョンジン
仕事がしたいなら他にも
必要な事は全て教えて差し上げます
ヒョンジン
ヒョンジン
だから専属メイド候補になるのは
辞めたらどうですか







ヒョンジンさんの言う通り


私には荷が重すぎるのかもしれない








それに…普通に恋して愛する人と結ばれる


そんな未来があるのなら


私だって、そうしたいと思う








だけど…







(なまえ)
あなた
私は…
.





.






ーあなた過去回想endー









あの時私は…なんて答えたんだっけ


だけど一つ言えることは


その時も今も、気持ちは変わってないってこと。








だから答えなんて…決まってる







(なまえ)
あなた
私は…専属メイドを辞めるつもりは
ありません!
ヒョンジン
ヒョンジン
…!
(なまえ)
あなた
確かに私は実力不足ですし
(なまえ)
あなた
お2人の全てを担うのは
難しいのは分かっています
(なまえ)
あなた
でも私…ここに来る時に決めたんです








ずっと "孤児" で不遇な環境で生きてきた私を


引き取って仕事まで与えてくれたキム家の当主様








そんな当主様に、恩返しがしたい








私の幸せは、それからでいいの





(なまえ)
あなた
孤児だった私にとって
当主様の手は、救いだったんです
(なまえ)
あなた
今があるのも、全部キム家のおかげです
(なまえ)
あなた
だから…御恩をお返しできるのなら
何でもするつもりです
ヒョンジン
ヒョンジン
あなたさん…
(なまえ)
あなた
性指導も夜のお世話も、何でも!
(なまえ)
あなた
その覚悟は出来てますから。
ヒョンジン
ヒョンジン
……そうですか







ヒョンジンさんは少しだけ眉を落とすと







ヒョンジン
ヒョンジン
本当に…変わってないですね









聞こえるか聞こえないかの声で


そう、呟いた






▷▷

プリ小説オーディオドラマ