第3話

プロローグ的な
ああ、私は一生このままなんだろうか




静かな森で1人呟く

















何も守れない












家族も何もかも失った











私はこの森に呪われている















あの夜の報いとでもいうのだろうか















守りたい

でも

守れない


















だったらもう







































人と関わるのは終わりにしよう






作者
作者
どうだったでしょうか?
上手く書けたかな?変だったらごめんね
次は主人公の過去を書こうと思います!
作者
作者
あと、背景付けてみたよ〜
次も付ける予定!
じゃあばいなら〜