第7話

いつも通り…?
あなた
あなた
ふわぁ〜
久しぶりに嫌な夢見たな…
あなた
あなた
(この生活も慣れた)
朝起きてご飯食べて動物と遊んでご飯食べて寝る

















いつも通り














何も変わらない日常
あなた
あなた
いただきます。
動物達がくれた果物や配達をしてもらった少ない食事を口に運ぶ
あなた
あなた
もぐ(   ˙༥˙   )もぐ
あなた
あなた
おいしい
食べ終わって家をでていつもの場所に行く
動物達
あなた!おはよ!
あなた
あなた
おはよーみんな!
この子達とは魔法で会話が出来るようになっている







私の唯一の癒し
あなた
あなた
可愛いなぁ(*´˘`*)♡
動物達と戯れていた時


ガサッ
音がした
あなた
あなた
誰!?
モブ
モブ
ひっ!
男は弓矢を持っていた
あなた
あなた
誰だ、何をしている?答えろ
私は殺気を放ちながら言った
モブ
モブ
す、すいませんでしたーーー!
あなた
あなた
ふぅ
時々動物達を狙いに来る者がやってくる
私はその度に追い払って動物達を守っていた
あなた
あなた
やることないしもう帰るか、
家に向かって歩いていた時

トン

誰かが私の肩を叩いた
あなた
あなた
あなた
あなた
(全く気配を感じなかった…何者?)
後ろを振り返りそこに立っている男を睨みつける
あなた
あなた
誰ですか?こんな森に何の用?
グルッペン
グルッペン
そんな警戒しないでくれ
少し君に話があってな
あなた
あなた
話とは?
グルッペン
グルッペン
ああ、単刀直入に言うが…
グルッペン
グルッペン
俺の国の幹部にならないか?
あなた
あなた
…は?
グルッペン
グルッペン
まあ、驚くのも無理はないな!
いやぁ、街でとある噂を聞いてな!
あなた
あなた
噂…?もしかして私のですか?
グルッペン
グルッペン
ああ、話に聞くと君はこの森に狩りに来たやつらを殺気だけで追い払っているらしいじゃないか、
あなた
あなた
それが…なにか?
グルッペン
グルッペン
殺気は己の強さで量が違う。弱い者は少ししか殺気が出せない
だが君は殺気だけで追い払った。ということは君はそれほど強いということだ!
だから俺の国の幹部になってほしいんだゾ!
あなた
あなた
(何この人めっちゃ早口だしなんか強引)
あなた
あなた
私が強いとか何言ってるんですか?どうでもいいですけど私は幹部になるつもりはありません。
今後一切関わらないでください。
グルッペン
グルッペン
そんなこと言わずに見にくるだけでもいいから俺の国に来てみないか?
あなた
あなた
しつこいです!帰ってください!
グルッペン
グルッペン
いやいや、でも…




トントンside
トントン
トントン
もぉーグルさん勝手にどっか行くんだから…
見つけたらお仕置やな(#・ω・)
歩いていると声が聞こえてきた
あなた
あなた
〜〜〜〜〜!
グルッペン
グルッペン
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
トントン
トントン
この声はグルッペンだけどもう1つは…?
声のする方へ歩いていくと綺麗な女の子と何かを言い合っているグルッペンがいた。
トントン
トントン
(グルッペンは何をしてるんや?)
トントン
トントン
おーーい!グルッペン!何してるんや?





あなたside
あなた
あなた
(また誰か来た、この人も気配がしなかった…)
グルッペン
グルッペン
トントンじゃないか!今勧誘中なんだゾ!
トントン
トントン
勧誘中?(幹部のか…)
もしかしてこの子が例のあの子なのか?
グルッペン
グルッペン
ああ、そうなんだけどなぁ断られてしまって、今見学だけでも、とお願いしていたところだ!
赤いマフラーをした後から来た男はこちらを見た
トントン
トントン
なんでいやなん?
あなた
あなた
それを貴方たちに教える筋合いはありません。
お引き取り下さい。
私は2人を睨みつけながら言った
トントン
トントン
(これは、今日は無理そうやなぁ)
トントン
トントン
分かった。今日はもう帰るわ。
グルッペン
グルッペン
トントン!
トントン
トントン
ええから、"今日は"もう帰ろ
なぜか男は"今日は"を強調していた
あなた
あなた
(まぁ、帰ってくれるらしいし気にしないでいっか)
あなた
あなた
(私はもう人と関わらないって決めたから…)
グルッペン
グルッペン
じゃあまたな〜
男たちはそう言って帰っていった
あなた
あなた
(不思議な人達だった…)
あなた
あなた
(でも…もう会うことはないだろう)
そう思いながら私も家へと帰っていった
あなた
あなた
ああ、明日からまたいつも通り…
あなた
あなた
あなた
あなた
なんで私…残念がってるんだろ…
あなた
あなた
そういえば…人と話したの久しぶりだな…
そんな事を考えながら…私は眠りについた









次の日の朝
あなた
あなた
んぅー、眠い…
いつもと変わらない食事を済ませて家を出ようとした


トントントン

誰かが扉をたたく音がした
???
確か…グルッペンが言うにはこの家で合ってると思うんやけど
あなた
あなた
どちら様ですか?
扉越しに問う
???
ああ、俺はゾムっていうんや!
ゾム
ゾム
グルッペンとトントンに頼まれて君を幹部に誘いに来たんや!
あなた
あなた
昨日もグルッペンさん?に言いましたけど私は幹部になる気もないしあなた方と関わる気もありません!
あなた
あなた
帰ってください!
ゾム
ゾム
うーん(。-_-。)困ったなぁ、
ゾム
ゾム
とりあえずドア開けてくれへん?
ゾム
ゾム
幹部とか関係なく外でちょっと話さへん?
あなた
あなた
だから…私はあなた達と関わる気はないって言ってるじゃないですか
ゾム
ゾム
ちょっと話すだけや!
ゾム
ゾム
お願いやから!
あなた
あなた
(このままだと帰ってくれなさそう…)
あなた
あなた
少しだけなら…
扉を開けた



そこには緑のフードを被った男がいた





表情がよく見えない
ゾム
ゾム
グルッペン達から聞いてたけど綺麗な顔立ちやなぁ
ゾム
ゾム
名前教えてくれへん?
あなた
あなた
別に綺麗な顔立ちしてないですけど…
名前は…
あなた
あなた
(教えていいのかな…)
ゾム
ゾム
?どうしたんや?
あなた
あなた
(まぁ、名前くらいならいいかもしれない)
あなた
あなた
名前はあなたっていいます。
ゾム
ゾム
あなたって言うんかぁ、いい名前やな!
そういい男は無邪気に笑う
あなた
あなた
(変な人…)
ゾム
ゾム
なぁ、いつからここに住んでるんや?
あなた
あなた
生まれた時から…ですけど
こんなこと聞いて何になるんですか?
ゾム
ゾム
何になるとかじゃなくてな、
俺がただ知りたかっただけや
あなた
あなた
(私の事を知りたい?何のために?)
ゾム
ゾム
何言ってるのか分からないって顔しとるな
俺はあなたと友達になりたいねん
あなた
あなた
(何それ…)
あなた
あなた
私と友達になってもいい事なんてありませんよ
ゾム
ゾム
いい事があるとかないとかどうでもええねん
どうしてそんなに人と接するのを嫌がるん?
あなた
あなた
それは…
あなた
あなた
………
ゾム
ゾム
あなた
あなた
あなたには関係ありません
ゾム
ゾム
………(今日も無理そうやな〜でも結構聞けたしもう帰るか)
あなた
あなた
(言い過ぎた…かな)
あなた
あなた
(いや…私は気にすることない…)
あなた
あなた
(もう…大切な人は作らないって決めたから…)
ゾム
ゾム
あー、そろそろ俺帰るわ明日も誰か来るから
あなた
あなた
え!?どうゆう事ですか?来なくて結構です!
ゾム
ゾム
じゃあな〜
ゾム
ゾム
友達になること考えといてーな
ゾムという人はそう言い残して帰っていった
あなた
あなた
(はぁ…めんどくさい事になったな…)










------------------------
作者
作者
はい!ここで終わり!
やっと我々だ出せたよ〜(ˊᗜˋ)
今回は結構書けたと思う…うん
次は誰が来るのかな?楽しみにしててね!
ゾム
ゾム
誰出すかもう決めてるんやろ?
作者
作者
いぇす
作者
作者
ちなみに次は3人組を出そうと思ってるよ!
作者
作者
ちなみに恋愛系入れます!
作者
作者
でも相手がまだ悩み中だからコメントで教えてね!お待ちしてます!(*˙︶˙*)ノ゙
作者
作者
ばいなら〜←この挨拶に意味はないです