無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

〜肝試し編〜 ゾムVer.
ゾム
あなた、俺と肝試し行かへんか?
津籠
津籠
え?いいけど…
ゾム
よっしゃ!じゃあなロボロ!w
ロボロ
あっくそ!俺もあなたと行きたかった…
モブたち
あっ!ロボロさまぁ〜♡
一緒に肝試し行きませんかぁ?
ゾム
………じゃあ、こうしよ、
ロボロ
うわぁ…ちょっと用事があるねん、、
モブたち
そんな事言わないで行きましょうよぉ♡
津籠
津籠
ロボロよ安らかに眠れ…w
ゾム
可哀想やなあいつw
ゾム
よし、人も減ってきたし、行こか!
津籠
津籠
お、おう…
あなた

暗い暗い……!!嫌だぁぁ…。


森にて
ゾム
結構暗いねんな〜
バサバサバサッ!
津籠
津籠
ひっ!……今の何??
ゾム
鳥とかやろ
あなた…まさか、怖いんか?
津籠
津籠
そっ、そんなわけない…
おばけ(役の先生)
うやめしや〜!!
津籠
津籠
きゃぁぁぁぁああ!!!!
おばけ(役の先生)
ばあぁっ!!
津籠
津籠
いやぁあ!!
ガサガサガサ……
津籠
津籠
ひいっ!
うう……怖すぎ…………。グスッ、
ゾム
………あなた、怖いんなら帰ってもいいで?肝試しは諦めよ?
あなた

ゾム残念そう……私のせいで行けくなるのは……!!

津籠
津籠
ヒック…っ、ゾム!早く行こ!
ゾム
え?怖いんやないか?
津籠
津籠
そんな自分勝手な理由で諦めれるわけないでしょ!?来たんだから最後まで行こうよ!
あなた

本当はむちゃくちゃ怖いけど…私の自分勝手でやめるわけには…!!

ぎゅっ
津籠
津籠
…!?なんで手っ、、
ゾム
これなら怖くないやろ?繋いでた方が安心できるやろ
ゾム
(あなたが怖がってるのも可愛いけどあなたが泣いてるところは見たくないんや…!)
津籠
津籠
う、うん、
ありがとゾム

そして神社についた
津籠
津籠
あ、着いたよゾム
多分ここにこの石を……
おばけ(役の先生)
ばぁぁああっ!!!!
津籠
津籠
っ!?……あれ?なんで真っ暗…?
ゾム
……ふーっ、大丈夫か?あなた
津籠
津籠
大丈夫だけど…なんか目の前真っ暗、、
ゾム
あ、ごめんごめん
とっさにあなたの目を覆ってしまったわ
ゾム
少しは怖くなかったやろ?
津籠
津籠
うん……ありがと、ゾム(ニコ)
さて!石を置いてはやく・・・帰ろ!
ゾム
っつ///あなたが怖くなかったらそれでええんや
せやな、はよ帰ろっか

帰り際
津籠
津籠
もうさすがに何も出てこないよね!
バサササササッ!!
↑結構近くで鳥が飛んだ音
津籠
津籠
わあっ!?
ぎゅうっ
津籠
津籠
………なんだ、鳥か、、、。
ゾム?どしたの……!?
あなたは無意識にゾムに抱きついていた
津籠
津籠
あっ、ごめん!ついビックリして……
ゾム
……ああ、いや//、大丈夫やで。あなたは大丈夫か?
(マジでびっくりした……肝試しってほんまに何がおこるかわからんわ……)
津籠
津籠
大丈夫だよ!は、早く帰ろ!!




そしてあなたは思うのだった





あなた

肝試しなんて絶対に行かない……。





✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
妖兎(よう)
妖兎(よう)
はぁい!ここで切ります!
妖兎(よう)
妖兎(よう)
肝試しに行ったことがないからどんな感じなのか全然わからん…!
変なとこあっても見逃してネ
妖兎(よう)
妖兎(よう)
では、Bye×2