無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

またまた衝突
あなた

げぇっ!?
…やべっ前髪下ろしとかなきゃ

何故かあなたは人に顔を見られるのが嫌いでいつも前髪で隠している←いつか教えるよ☆By作者
津籠 (普段)
津籠 (普段)
………またかって、私はしてないんだってば
チーノ
そーやっていっつもいっつもあなたさんは逃げるのが得意ですね
ゾム
でもな?今回はそうはいかへんで?
さっき1年の女子からお前が瞳美ちゃん呼び出してるーってのを聞いたんやで?
ゾム
しかもその子ら助けに行ったんやけどお前その子ら殴ったらしいやんけ
あなた

あいつら……

津籠 (普段)
津籠 (普段)
だから私はしてないんだって!
今回もたまたま・・・・通りががったんだってば!(絵描いてたなんて言えない…)
シャオロン
じゃぁコレはなんや?
グイッ
あなた

痛っ…そんなに強く掴まないでよ

トントン
…!
それはライターやないか
それで瞳美ちゃんに何するつもりやったんか!?
あなた

あーもー…。まあモブの私がこんなに主人公に関わるのがいけなかったんだな
ゴメンね……瞳美、今までありがとう。

ロボロ
(なんであの子、あなた?を責めるんや……ただあの子は親友を助けていただけなのに…)←ロッカーから出るタイミングを逃した
津籠 (普段)
津籠 (普段)
…………そうだよ。私は2回も・・・瞳美を傷つけようとした。モブが主人公に憧れるのは当たり前だからね。
そしてヒーローである生徒会が登場、主人公ちゃんをみんなで守っていくラブコメ…ってとこじゃない?
コネシマ
はぁ?何ゆうとんねんお前
津籠 (普段)
津籠 (普段)
だからね、私は主人公を傷つける敵キャラなの
しかもその中でもモブ側の
津籠 (普段)
津籠 (普段)
だから主要キャラとあまり深く関わってはいけないんだよ。
グルッペン
よく分からんが……とにかく、貴様が瞳美を傷つけようとしたんだな?
津籠 (普段)
津籠 (普段)
…………そうだよ。
その時、風が吹いて
瞳美、沙紀、ロボロにはハッキリとわかった











あなたがとてつもなく悲しげな目をしている事に
沙紀
沙紀
(やっぱりあの子は何もしてない。さっき教えてくれた子達がしたんだろうな。でも何故…?何故そこまでするの…?)
瞳美
瞳美
(っつ……あなた、ごめんなさい。もうあなたにそんな悲しげな目をさせたくなかったのに…)
ロボロ
(!?あいつはなんでそこまでして自分を演じているんや…。しかもすごい悲しそーな目をしとった…もしかしたら敵って俺らの方やないんか?)
津籠 (普段)
津籠 (普段)
もう、私は瞳美と関わらないよ。
生徒会ともね。
………これでいいでしょ?
チーノ
……それでいいわけないじゃないですか。
チーノ
瞳美にこんなことをしてあなたはこれでハイ終わり、でええと思っとるんか!?
その時、チーノは怒りのあまりあなたへ殴りかかろうとした
瞳美
瞳美
危ないっ!
しかし、あなたの前に瞳美が立ちはだかりあなたを守ろしとした。
だが、チーノはそれに気づいたが勢いが止まらず瞳美を殴ろうとしていた・・・・・・・・
瞳美
瞳美
っつ……?
鬱先生
瞳美ちゃん危ないっ!……ってアレ?
チーノ
あれ……?(瞳美?なんでこいつをかばおうとしたんや…?)
津籠 (普段)
津籠 (普段)
痛った……。
でも、好きな子を殴ろうとするだなんてサイッテーですねw
あと、皆さん瞳美を助けようとするのはいいけど私より遅くてどーするんですかww
チーノ
っつ……!!//
ロボロ
(あなた……めっちゃ動くのはやないか!?皆がかばおうとする前に前にいたし…てかそれならなんでチーノの拳を避けなかったんや?)
津籠 (普段)
津籠 (普段)
では、敵キャラはこれにて去りますんで
瞳美、これからはあの人たちに守ってもらってね
では失礼しましたー。
ガララララッ
全員
………。
エーミール
……で、瞳美さんは大丈夫なんですか?ってなんで泣いてるんですか!?
ショッピ
やっぱりアイツになにかされたんすか?
瞳美
瞳美
ううんっ…ヒック、大丈夫グスッ…何もしてないよ……グス
沙紀
沙紀
(あなた……何も出来なくてゴメン)
グルッペン
とりあえず、一旦生徒会室へ戻ろう。
それから話をするゾ
ゾム
(そいえばアイツーロボロはどこに行ったんや?)



そのころー。
あなた

………はぁ、もう瞳美と笑えないのか…でもこれからは生徒会のヤツらが守ってくれるよね
……あれ?…なん…か意識が…

ドサッ
???
……!?おい!大丈夫か!?
あなた

ああ、誰かが何か言ってるーー。

そこであなたの意識は途切れた





教室から生徒会が出ていったあとーー。


……キイッ…
ロボロ
はぁ…皆どっか行ったみたいやな。
くそっ……俺は何も出来んかった…!あなたのことさえあんなに近くにおったのに、、、守ってあげられたら……
とかなんとか考えていると
ロボロ
あれ?前におるのってあなたやないか?
めっちゃフラフラしとる……心配やなぁ……
ドサッ
ロボロ
(!?倒れた!?やっぱりさっきのと他の奴らからでもう限界やったんか……)
ロボロ
おい!大丈夫か!?あなた!
……今保健室連れていったるからな…!!!







✂――――――キリトリ――――――✂
妖兎(よう)
妖兎(よう)
はい、昨日投稿できずすみませんでした
今日の夜も投稿するつもりなので許してクレメンス……
妖兎(よう)
妖兎(よう)
では、Bye×2