第8話

監禁
878
2023/12/05 13:05
あなた
…ん…、
あなた
……どーこどーこ、?
目を開けると見知らぬ天井が視界に入った

体を起こすとチャリ、と金属の音がした
あなた
なに…これ…
足を見てみると鎖がついている 

すかさず周りを見ると窓のない部屋。

私がベッドに1人で居るという情報が脳に入ってくる
あなた
そういえば、みんなは?
あの時、征の微笑んでいる顔を最後に見たのは覚えている。

じゃあ私をここに連れてきたのは征…?
あなた
もう意味わかんないよ…
寝起きということもあり、脳が正常に働いていない。
その時、ガチャッと扉が開いた
黄瀬
あなたの黄瀬くんに呼ばれる名前ー!おはようッス!!
あなた
…え?涼太…??
黄瀬
そうッス!あなたの黄瀬くんに呼ばれる名前の涼太ッスよー!
あなた
??
てっきり犯人は征だけだと思っていたが、まさか涼太も共犯なのか、?
黒子
黄瀬くん、あなたの下の名前が混乱しているので止めてください。
青峰
お、あなたの下の名前起きたのか
紫原
あなたの紫原くんに呼ばれる名前起きるのおそーい
緑間
姫咲に使った麻酔は少々強いやつだから仕方ないのだよ
紫原
そーだけどさー
赤司
おはようあなたの下の名前、体調は悪くないかい?
違う、涼太だけじゃない。キセキ全員が犯人なんだ。みんなが私をここに縛り付けてるんだ。
あなた
…ヒュッッ
そう気づいた瞬間、喉が鳴り血の気が引いていくのを実感した
赤司
顔が白いね、念の為薬を飲もう
あなた
なんで…みんな…そんなことよりここから出してよ、!!
黒子
それはできません
あなた
どうして、!
紫原
あなたの紫原くんに呼ばれる名前、俺たちがいるのに彼氏つくっちゃったじゃん?
黄瀬
あなたの黄瀬くんに呼ばれる名前に俺たち以外の彼氏ができるなんて許せなかったッス!
青峰
だから俺らで協力してあなたの下の名前をここに連れてきた。さつきも共犯だぜ
あなた
意味、わかんない…
私はただ…みんなにドッキリを……!
あなた
ドッキリなの!私に彼氏ができたなんて嘘!!だからここから出して!
緑間
嘘かどうかなど今となっては関係ないのだよ
赤司
今日からここはあなたの下の名前の家だ。僕達と楽しく暮らそう
あなた
楽しくなんて……
できるわけないよ…。

まさか、冗談でしたドッキリがこんなことになるなんて…
黒子
あなたの下の名前はここにあるクローゼットの中の服を自由に着ていいですよ。ご飯も食べないといけないので15分後ぐらいにまた来ますね
青峰
じゃーなあなたの下の名前!
黄瀬
またあとでッス!
紫原
じゃーねーー
赤司
あなたの為に特別に用意した服だ。好きなのを着るといいよ
緑間
また来るのだよ
バタン
あなた
…どこかに出られそうなところは…
とは言ってもこの部屋は窓がない。唯一の出入口は先程みんなが来て帰っていったあの扉だけだろう。

しかも見るからに鍵が要りそうな扉…鍵は恐らく征が持っているだろう。

帝光中の主将ということもあって油断も隙もない男だ。鍵を奪うなど私にできるわけない。

ここで悩んでいても始まらないからとりま服を着よう。
あなた
確かクローゼットの中に……
あなた
えっ、
そこにあったのは、ワンピース・大きめのTシャツ・メイド服などなど
あなた
なんでこんなものばっかり…
服はとりあえずワンピースにした。1番まともな服だったから。

そしてベッドから降りてわかったことは私が歩ける範囲は頑張って扉まで。

あからさまに私を逃がさない精神が伝わってくる。
私の目標は「キセキから逃げること」

やれるだけ頑張ってみよう。

プリ小説オーディオドラマ