第4話

ストーカー
1,244
2023/11/04 02:06
【朝】

最近、変な手紙がポストに入れられている。

今日の手紙は


『 あなたちゃん、今日も可愛いね。君は笑顔が1番だよ。流石僕のお嫁さんだね^^ 』


こういう感じのが毎日送られてくる。正直気持ち悪い。

私は小学校6年生の頃から一人暮らしをしている。

家族はお父さん、お母さん、そしてお兄ちゃんが1人いる。

両親は海外に行っており、兄はどこに居るかわからない。

だから相談したくてもできないのだ。まあ私は家族があまり好きじゃないから関わりたくもないんだけど。

友達に相談しようと思ったが、こういう類のやつは関わった人にも危害を加える系だと察しやめた。

あなた
はぁ、みんなキセキに言ってみようかなぁ…
あなた
でも迷惑かけちゃったらいやだし……
考えた末、隠すことにした。

まあ、みんなを騙すのは難しいと思うけどできるだけやってみよう。

そう思っているとインターホンが鳴った。
急いででるとテツヤが立っていた
黒子
あなた、早く朝練行きますよ
あなた
え!?もうそんな時間??!やばいやばい!!
あなた
あテツおはよう!!
黒子
! おはようございます^^
今の黒子の心情はこうだ。
黒子
(あなた可愛すぎます、!自分の可愛さを知っているんですかね?いやあなたは鈍感だからわかってないですね。まあそんなところも可愛いんですけど。あなたは昔から僕がいないと危なっかい子なんで僕が悪い虫を駆除しなくちゃいけませんね。特にキセキ!)
と、自問自答やあなたは僕が守らなきゃ!という使命感を再度実感していたのだった。


















【朝練】
バンバン🏀


キュッキュ⛹️‍♂️
あなた
(てか、あの手紙誰が送ってきてるんだろう…)
あなた
(それにずっと私を見てるような口ぶりだし…)
あなた
はぁ…
青峰
ため息なんてついてどーしたんだよ
あなた
! びっくりした大輝かぁ
青峰
俺じゃわりぃかよ
あなた
ぜんぜんw
黄瀬
あー!青峰っち、あなたの黄瀬くんに呼ばれる名前と2人きりで話しててずるいっスー!!!
青峰
あ"?別にいーだろうが早いもん勝ちだ
紫原
あなたの紫原くんに呼ばれる名前疲れたー
あなた
お疲れ様!
緑間
姫咲、最近上の空なのだよ。何か悩みでもあるのか
あなた
えっ?!悩みなんてないよ?
黒子
…本当ですか?
あなた
ほんとほんと!あ私ちょっとトイレ行ってくるね!!












赤司
…あなたの様子が可笑しいな
桃井
あなたって1人で抱え込むタイプだからね…
黒子
最近ですよね。授業中もぼーっとしていることが多いですし
黄瀬
心配っス…あなたの黄瀬くんに呼ばれる名前に直接聞いてみるっスか?
緑間
いや、誤魔化されるのが目に見えているのだよ
青峰
俺らはできるだけあなたのこと楽しませようぜ!!
紫原
あなたの紫原くんに呼ばれる名前のためなら俺がんばるーー
赤司
そうだね、念の為さつきは情報収集を頼む
桃井
了解!

――――――――――――――――――――――――――――――――――




とても悲しいことがあったのでお伝えします。

前作の「模部」くんを覚えていますか?

その模部くんの吹き出しを出すために下の欄に書いてあるんです。

邪魔だなと思い消したら前作の模部くんの吹き出しが消えてしまった!!!(説明下手です。すみません)

消えると思ってなかったのでショックと苛立ちを感じています。今絶賛やる気0です。

そのため、非公開にしています😿

頑張って修復するのでちょっとの間非公開になってしまいますがご了承ください。🙇🏻‍♀️

プリ小説オーディオドラマ