第24話

黄色の目覚めは夜遅く
813
2018/11/04 07:52
-増田目線-
昨日、他のメンバーには能力が芽生えたらしい。
今日はその能力についての話し合いの為小山家に集まることになったのだ。
だが、俺には新しい能力なんて見つかっていない...
俺だけ能力無しなのか...

少し気まずさを抱えながら家に向かう。
増田貴久
増田貴久
小山~、きたよ!
インターホンを押すとドタドタと足音が聞こえてくる。
小山慶一郎
小山慶一郎
あっ!まっすー!
もう手越もシゲもそろってるからね♪
おっとっと、いててぇ~😅
ドアを明けながら躓いてる所が小山らしいな。
増田貴久
増田貴久
遅くなってごめんね
部屋に入ると
手越祐也
手越祐也
まっすー!
ソファーに座っていたはずの手越が、一瞬で俺に飛び付いてくる。
ドサッ
もちろん、俺は床に崩れる。
増田貴久
増田貴久
え?今、ソファーに...⁉️
俺が驚いていると、手越は嬉しそうに笑う。
手越祐也
手越祐也
これが俺の能力だよ!瞬間移動!
手越らしい能力だ。
みんな、こんな能力があるのか...
増田貴久
増田貴久
んで、小山は?
シゲはソファーに座っているが、迎え入れてくれた小山が見当たらない。
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
あぁ、俺の能力で、まだ玄関!
そろそろいれてやるか...
シゲがそういうと、またドタドタと足音がして小山が入ってくる。
小山慶一郎
小山慶一郎
ちょっとー!俺の家なんだから、いれてよ!
え?シゲって、小山を家にいれない能力なのか...
俺が混乱してると、シゲは笑いながら説明してくれる。
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
俺は、時空を歪め、出入口を作れるんだよ!
玄関入ってすぐのとろに入り口を作って、出口を外に作ったから、小山はどんなに進んでも、家に入れなかったってわけ!
小山慶一郎
小山慶一郎
ホントに困るよ!
1人で走りまくったわ❗
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
ごめんごめん😅
時空を歪めるとか瞬間移動とか、能力すごすぎてなにもない自分が恥ずかしくなる。
増田貴久
増田貴久
小山は?どんな能力なの?
俺は、小山に尋ねたつもりだったんだけど、手越が嬉しそうに答える。
手越祐也
手越祐也
けーちゃんはね、いくよ?
なにやら小山に目配せすると、いきなり小山を殴った。
小山慶一郎
小山慶一郎
うわぁ~ーーー、
バーーーーン💥
ドラム缶を殴ったような音がして小山は悲鳴をあげる。
俺はびっくりして目をつむってしまった。
ゆっくりと目を開けると...


小山の回りには、シールドが張られていて、
手越が痛そうに手をなででいる。
手越祐也
手越祐也
いってぇ、やっぱり硬いな~、
俺もシールドに触れてみるたけど、ホントに固くて殴ってもびくともしない。
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
まっすーは?
シゲが俺に話を降ってきたので俺はびっくりした。
増田貴久
増田貴久
え?何が?
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
何がって、能力だよ。
あぁ、今度は俺が見せる流れか...
適当にごまかそうと思ってたけど、言うしかないかな。
増田貴久
増田貴久
わからない。
俺の能力は目覚めなかったよ。
3人があからさまに目を丸くする。
手越祐也
手越祐也
え?なにもないの?
なんか試したりした?
じっとしてたら見つからないよ?
手越が俺の回りを瞬間移動しておちょくってくる。
無いって言ってるのに...






ばちゃ!







そのくせ俺の服に血をこぼしてきた。
手越祐也
手越祐也
あっ!ごめん💦
俺はたまらなくなって、
増田貴久
増田貴久
お前、ふざけんな💢
手越の方に右手を大きく振った。


すると、触れてないはずなのに、手越はぶっ飛んで、壁に叩きつけられていた。
手越の手足は黄色い紐で大の字に壁にくくりつけられていて回りには、手裏剣が刺さっている。
増田貴久
増田貴久
え?
小山とシゲまで絶句して声がでないみたいだった。
手越祐也
手越祐也
ご...め...ん、
手越は怯えた目でみてくる。
増田貴久
増田貴久
いや、俺の方こそごめん。
俺が手を下げると、手裏剣や紐もパラパラと散っていった。
手越祐也
手越祐也
これ、まっすーの新しい能力だよね!
よかったね❗
まだ怯えぎみに、それでも嬉しそうに手越は微笑む。
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
もう一回やってよ!今度は小山に!
シゲがふざけて言う。
小山慶一郎
小山慶一郎
ええええ!
殺されそうになったらシールドするけどいいならこい!
身構える小山に俺は手を大きくふる。
ピューン。ピシャッ!




だが、今度俺の手から出てきたのは、手裏剣ではなくムチだった。
手越祐也
手越祐也
え?ムチも出せるの?
小山はビックリしてシールドを発動していた為無傷だったが、普通に受けていたら...


この時初めて自分の能力ながら、怖いと思った。
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
まっすーの能力はその、黄色い武器を自由に出せることなんじゃない? 
何が出せるかわからなくて不安定な時期は大変だと思うけど、なれると相当強い能力かもよ!
シゲは真面目にしっかり分析してくれる。
小山慶一郎
小山慶一郎
俺とシゲが後ろで援護して、テゴマスが前衛で戦えば結構バランスいいね👍
手越祐也
手越祐也
よし!時間もないし、夜遅いし、
取り敢えず円陣くんで、しめる?
手越の提案に全員賛成して、俺らは丸くなって肩を組む。
小山慶一郎
小山慶一郎
NEWS!ファイト~!
NEWS
NEWS
おおおおおーーーーー!
準備は整った。







絶対に誰も傷つけない...








守り抜いて見せる。

プリ小説オーディオドラマ